超能力

皆さんは、〝超能力〟を信じますか?

私自身、地球上には現代科学で証明できない事象や、特殊能力を実際に持っている人間は存在すると信じてはいます。

ただ、その人数はかなり少ないとは思いますが・・・。

今まで日本にも何回か超能力ブームが起こりましたが、おそらくその先駆けとなったのは、この人物の来日だったと思います。

 ユリ・ゲラー 氏

 (Uri Geller

おそらく40代以上の方には、懐かしい名前でしょう。

彼は1946年にイスラエル・テルアビルに生まれたハンガリー系ユダヤ人。

有名な心理学者・フロイト博士の親戚なんだそうです。


1964年イスラエル軍に入隊するも負傷して除隊。 

ファッションモデルなど職を転々とした後に奇術の研究を始め、ナイトクラブで〝超能力ショー〟を行うようにになります。

しかし1970年頃にインチキとして糾弾され、しばらくイスラエル国内で表だった活動はできなかったのですが、そんな彼を救った(?)のはアメリカ人心理学者のアンドリア・プハリッチ氏。

ゲラー氏をヨーロッパやアメリカに〝超能力者〟として紹介、TV出演させることで一気に彼の知名度はアップ。

そして彼が来日してお茶の間に初めて姿を現したのが、日本テレビの 『木曜スペシャル』 に出演して透視実験やお馴染みのスプーン曲げ等を披露した、今から37年前の今日・1974年3月7日のこと。

(※初出演はそれ以前の2月25日、深夜番組 『11PM』 でしたが。)

その翌日、日本中の人々がスプーンを曲げようと必死になったはず。

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-Uri Geller

〝超能力ブーム〟は加熱する一方・・・やがてゲラー氏と同じようにスプーンを曲げられるという 「超能力少年」 が現れたと思えば、それをトリックだと糾弾する週刊誌が出たり。 

私は簡単に曲げられましたョ・・・力ずつでしたけど。あせあせ

あの当時、きっとスプーンの売り上げは相当伸びたでしょうネ。

その後も彼は何度か来日しましたが、それ以上のフィーバーにはならなかったような気がします。

それでも、何年か前に自動車のCMに出演していたような記憶もありますが。

平成の時代に入ると、〝超能力〟という言葉ではなく、Mr.マリックやセロなどが〝超魔術〟あるいは〝超マジック〟と称してテレビで実演するようになりましたネ。


果たしてユリ・ゲラー氏は、彼らと同じだったのか。

もしそうだとするならば、番組を通して視聴者に念を送り、スプーンを曲げたり時計を止めたりできた (とされる) のはどうしてなのか。

ユリ・ゲラー氏とは、本物の超能力者? マジシャン? 

それとも口八丁手八丁の売り込み上手な、やり手ビジネスマン?


・・・皆さんは、どう思いますか?

                 ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10735607410.html?frm=themeより引用させて頂いております。