遊 覧

観光バスに乗ったことがない方って、まずいらっしゃらないでしょうネ。

小・中学校の修学旅行から町内会の懇親旅行まで、何らかの形で利用されたでしょうから・・・。

その中に各地の名所旧跡を巡る定期観光バスもあったと思いますが、この手のバスが日本で初めて運行を開始したのは、今から86年も前の今日・1925年12月15日・・・なんと大正末期のことだったそうです。

結構古い歴史があるんですねェ。

東京遊覧乗合自動車が上野~日比谷公園~銀座~愛宕山~明治神宮などを巡るコースを 『ユーランバス』 と命名して走らせたのが始まり。

ちなみに〝観光バスの華〟女性バスガイドさんが初登場したのは、意外にも東京ではありません。

1928(昭和3)年、別府温泉で亀の井遊覧自動車が走らせた 「地獄巡り」 (!)ツアーに採用されたのが始まりなのだそうです。

この 「ユーランバス」 は昭和に入るとさらに人気を博し、路線も 「東海道五十三次遊覧自動車の旅 」とか、浅草や吉原遊郭を巡るコースなどが登場。

しかし戦時色が濃くなった1940年9月、警視庁の指示により運行取りやめを余儀なくされました。


そして終戦後の1946年に 「日本観光株式会社」 が設立され、2年後に東京都交通局より路線・貸切バスの事業免許を取得、新たに 「新日本観光株式会社」 が設立されました。


そして翌1949年に東京都から遊覧バス事業を譲渡され、1963年に社名を現在の名前に変えたのが、あの

 『はとバス』


なのです。

         ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-観光バス

東京都が40%近い株式を保有する同社は、モータリゼーションの発達や消費者嗜好の多様化によって厳しい環境にある観光バス事業の中にあって数度のピンチを凌ぎ、次々に新しい路線開拓やサービスの進化で生き残っています。

ところで皆さんは、はとバスに乗ったことはありますか?

実はワタクシ、今まで1度も乗ったことがないんです。あせあせ

その理由は明快でして・・・乗り物酔いが酷いから。

只でさえ、日光のいろは坂を自分で運転していても酔う私・・・まして狭いバスの座席で隣を気にしながら乗っていると、確実に気分が悪くなるんです。ダメだぁ顔

そんな私と同じくバスに弱い方のために、多少なりとも酔わない方法を以下に伝授致しましょう。

◆ あまり景色の流れを見ず、遠くを眺める。

  サングラスをかけるのも効果的。

◆ テレビゲーム・携帯電話の操作や読書などは、目を酷使するので控える。

◆ バスの前後は揺れが激しいので、できるだけ車輪の中間地点すなわちバス

   の中央部分に座る。

   後方はエンジンの振動が伝わる場合が多いので避けること。

◆ 酔い止めの薬を服用する。 空腹や、逆に食べ過ぎ・飲み過ぎも×。

これらに留意され、体調を崩さずバス旅行を楽しんで下さい!笑2

                ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-11008677557.html?frm=themeより引用させて頂いております。