0:00

現在の小・中学生が一番行きたいところ・・・それは 「東京ディズニーランド」 だそうですが、私のような〝昭和世代〟の田舎に生まれ育った者が東京へ修学旅行に行くとなれば、ここが№1スポットでした。

 

正式名称は 『日本電波塔』。 

エッフェル塔を凌ぐ333m・・・自立鉄塔としては建設当時世界一の高さを誇る、東京のシンボルです。

(333mという高さは、関東一円に電波を送れる高さと、エッフェル塔(当時310m)を抜いて世界一になること、更に強風の影響を出来る限り抑える事を考慮した上ではじき出された数値だったそうです。)

NHKを始め、民放キー局のTV・ラジオ電波を一斉に発信することを目的として建設が決定。 

1957年6月に、芝・増上寺の墓地を一部潰して建設が始まったこのタワーは、技術の進歩によってエッフェル塔より約3,000トンも軽い約4,000トンの鉄材で造られました。

空前絶後の難工事にもかかわらず、亡くなった作業員は墜落による1名のみ。 

総工費約28億円、最初の鉄骨を設置してから僅か1年3ヶ月で完成させるという、まさに戦後日本の復興を象徴する見事なものでした。

そういえば、あの北野武監督の父・菊次郎さんも、ペンキ塗りをされたという話もありましたネ。

        
            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-東京タワー① 

この東京タワーが正式オープンしたのが、今から51年前の今日・1958年12月23日のことでした。

因みに完成直前に名称を公募したところ、最多得票は「昭和塔」だったとか。 

「東京タワー」 は全体の僅か0.26%の投票数でしたが、審査会メンバーの徳川無声氏が 「ピッタリする名前はこれしかない!」 と推挙し、決定されたとのこと。

昨年、累計入場者数が1億5千万人を突破したそうですが、これってオープンしてから1日平均8千人(!)という淒さ。

大人1人2,100円で、高さ250mの特別展望台から絶景を楽しめ、また蝋人形館など様々なアトラクションを楽しめる東京名所・・・人気は衰えていないようですネ。

大展望台には、床がガラス張りになっていて、足の下が透けて見える場所があるんです。 高いところが大好きな私にはナイス・スポットなんですが、高所恐怖症の人には限りなく恐ろしい場所かも。うー

そうそう、土・日・祝日の11~16時まで、フットタウン屋上から高さ150mの大展望台まで続く外階段を一般公開(※雨天中止)しているそうですので、600段の階段を約15分程かけて親子やカップルで登る・・・なんてのも、変わった楽しみ方でオススメですョ。

そして〝クリスマス・デート〟に利用したいのが、東京タワーのライト・アップ。

点灯時間は気象条件等によってまちまちなのですが、消灯時間は基本的に午前0時

東京タワーが遠くに望める窓際に彼女と一緒に佇み、

「これから、世界で一番大きなロウソクを消してみせるからネ!」

な~んて甘い(?)セリフを口にしつつ午前0時キッカリに息を吹きかけると、一瞬にしてタワーの姿が消えるロマンチックな光景に、彼女はウットリ・・・。ラブラブ

             ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-東京タワー

                 “ フ~ッ・・・・ ”DASH!

こんな光景が今夜から数日間、東京のそこかしこで見られることでしょう。

なんでも、〝2人でこの消灯の瞬間を見ることができたカップルの愛は永遠に続く〟といわれているのだそうな。

クリスマス・デートに勝負をかける男性諸君・・・家を出る時は、腕時計を秒単位でキッカリ時間合わせするのを忘れずに!扇子



               ペタしてね



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10362051778.html?frm=themeより引用させて頂いております。