1円玉



伊丹十三監督の映画・『あげまん』 で、津川雅彦さん演じる銀行支店長が主人公の女性と別れた途端にツキが落ち、次々と
災難がふりかかる・・・という場面がありました。 その中で、

「支店長、1千万円を全部1円玉に替えろという客が、下で暴れてます!」


と守衛さんが支店長室に駆け込んでくるシーンがあるのですが、それを観た私は (そんなバカなこと、あるワケないだろ~。) と思ったものです。

ところが昨日、それと似た光景を目の当たりにしてしまいました。

朝6時頃、出勤途中コンビニに立ち寄った時のこと。

雑誌とお茶を手にレジに向かうと、60歳代と思われる小柄な男性が1人立っていました。

既に買ったものはコンビニ袋に入れて手に持っていましたので、代金精算すればすぐに自分の順番・・・と思いきや、なかなかレジが空きません。

何でだ?・・・と不思議に思い、その男性の肩越しにレジを見た私は唖然としました。

カウンター一面に1円玉が無数にぶちまけられ、それをアルバイト店員が1枚ずつ拾って数えているではありませんか!驚き顔

          ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-1円玉

「絶対に足りるはずだから、しっかり数えてナ~。」 とニヤニヤしながら店員に話しかける男性。

〝小銭が不足しています ご協力下さい。〟なんて張り紙をしている店もありますし、実際金額が足りていたら、店側は文句言えないのでしょうが・・・。

よく見るとこの男性客、手には普通の財布を持っていて、その中からは紙幣がはみ出ているんです。


果たしてこの〝1円玉攻撃〟・・・単なる嫌がらせなのか、真面目に小銭不足解消の協力をしているつもりなのか?

一向に捗らない様子を見ながら、

(せっかく日本が勝って気分良かったのに・・・どうするョ、コレ。)

と思い始めたちょうどその時、もう1人の店員が姿を現し 「次のお客様、こちらへどうぞ。」 と別のレジを開けてくれたおかげで事無きを得た私。

さて、もし別の店員が現れなかったら・・・皆さんは、どうしますか?

 ① ひたすら数え終わるのを待つ。

 ② 一緒に数えるのを手伝う。

 ③ 商品を棚に戻して別の店に行く。

 ④ 男性のケツを蹴飛ばして、「札で払わんかいっ!」 怒 とスゴむ。


・・・少なくとも私の場合、①はないなァ。うー



               ペタしてね





こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10560767802.html?frm=themeより引用させて頂いております。