3 D

昨年、映画 『アバター』 で一気にポピュラーになった、


〝3D〟three dimensions = 3次元

既に家庭用3Dテレビの発売も始まっているようですが・・・ちょっと下の写真をご覧下さい。(クリックで拡大します。)

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-3D
ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-3D

ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-3D
ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-3D

スワッ、どこで地震があったんだ!?  と思わず目を見張る画像もありますが・・・実はこれ、いずれも道路や地面に描かれた絵・・・ストリート・アートなのです。驚き顔 ウソッ

これらの作品を描いたのは、


 エドガー・ミューラー

  ( Edgar Müller

という1968年生まれ、41歳のドイツ人。


子供の頃から絵を描くのが好きで、16歳の高校生時分にこの世界に魅了され、19歳でコンペに優勝したという天才画家。

25歳からストリート・アートに専念するようになったミューラー氏は、ヨーロッパを中心に作品を描き続け、またその技術を独学で進化させて、現在は

three‐dimensional illusion paintings(3Dトリック絵画)

の第一人者として活躍しています。

3ヵ月半前、清涼飲料メーカー主催のイベントに招待され来日。 

東京タワーで1枚(?)作品を描いたとか。

これらの作品は、ある一ヶ所から見ると立体画面で楽しめるのだそうですが・・・よくサッカーの試合でゴールの両側に置いてある企業広告と、原理は同じなんでしょうネ。

私も是非ナマでこの作品を鑑賞したいのですが、残念ながらその殆どは公共スペースに描かれるため、一定期間が過ぎると消されてしまうのだそうです。

(※東京タワーで描かれた作品も、僅か3日で消されたとか。)ダメだぁ顔 モッタイナイ!

でもクルマを運転していて、もし左上の作品にいきなり出くわしたら、ビックリして事故起こしちゃいそうですから、ある意味仕方ないのかもしれません。

ミューラー氏のHPがありますので、お時間のある方はご覧ください。(

   < http://www.metanamorph.com/

当然のことながら英語のサイトですけど、画像をクリックすると製作プロセスなどが楽しめますョ。笑2

               ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10489787074.html?frm=themeより引用させて頂いております。