40周年

2011-09-18 07:07:07
テーマ:


今からちょうど40年前の今日・1971年9月18日、おそらく大抵の日本人が口にし、また特に被災地で重宝がられる食品が発売されました。


日本が世界に誇る20世紀屈指の画期的発明品・・・それは、


 〝カップヌードル〟


発売元は、言わずと知れた日清食品さん。


(ちなみに 「カップヌードル」 は同社の登録商標。 他の商品は「カップ麺」などといわなければなりません。)


この商品開発のキッカケになったのは、その5年前。

既に販売していたチキンラーメンの海外進出を目指して安藤社長が渡米した際、アメリカ人がチキンラーメンを手で割って紙コップに入れ、そこにお湯を注ぎフォークですすったのを見たことだった・・・これは、あまりに有名なエピソードです。


もっとも、安藤社長自身がホテルに帰って試したところ、「紙コップ (※当時はパラフィン紙製) 臭くて食べられなかった」 そうな。


そこで諦めずに商品化までこぎつけるところは、さすがです。


当初は高価で小売店から相手にされなかったものの、あさま山荘事件で警官が美味そうに食べているところが全国にテレビ中継され、これがキッカケで爆発的に売れ始めたカップヌードル。


その後現在に至るまで多くの会社によって様々な技術開発・改良が加えられ、数え切れない程の種類が販売されており、今やカップ麺は〝世界食〟。


それでも 「カップヌードル」 は元祖商品として絶大な人気を誇っており、最近では〝ごはん版〟も発売されてバカ売れだとか。


皆さんは、しょうゆ・シーフード・カレー等々様々な味や種類の中で、何がお好みでしょうか?


ダイエットを気にする我が家では、最近すっかり198kcalの〝ライト〟が定番になってますけどネ。


さて、ここで発売開始40周年を記念して、トリビアをひとつ。


今や全世界で発売されているカップヌードルですが、日本国内と海外で売られている容器にちょっとした違いがあるんです。

下に写真を並べましたが、お分かりになるでしょうか?

  ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-CUP NOODLE
ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-CUP NOODLES

         < 日 本 >                < 海 外 >


日本向けは〝NOODLE〟と単数形、海外向けは〝NOODLES〟と複数形なんです。 

日清食品では両方の商標登録をしているそうですから、どちらを使ってもいいのですが・・・文法的には複数形が正しいのに、なぜわざわざ単数形にしたのでしょう。

日本人には〝ズ〟が言いにくいからなんでしょか?

もしかして、日本製だけ〝一本麺〟だったりして?あせあせ

まぁ、そんなことはともかく、発売記念日の今日くらいはライトではなく元祖カップヌードルでランチしたいと思います。笑2

               ペタしてね

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10919126105.html?frm=themeより引用させて頂いております。