5 倍

2009-11-18 07:07:07
テーマ:

早速ですが、下の写真・・・茶色の物体は何だと思いますか?

          ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-キャラメルコーン

カブトムシの幼虫の醤油漬け?    あはは、まさか!

薄味のカリントウ?     う~ん、惜しい。 

・・・正解は、〝キャラメルコーン〟なんです。

「え~っ、こんなに大きかった?」 そう思われるのは当然で、実はコレ通常の5倍の大きさなんですって。

つい先日コンビニ・サーフィンしていた時に、ふと 「でっかいキャラメルコーン」 という文字が目にとまったたんです。

今までジャンボサイズのお菓子というと、主に高速道路のサービス・エリアで見かけただけでしたが、今はコンビニにもあるんですねェ。

キャラコは随分前からお世話になったお菓子・・・それもそのはず、1971年に発売開始された東ハト(旧・東鳩製菓)のロングセラー商品。

同社は2003年に不動産投機の失敗で倒産したものの、他企業の支援を受けて再生。 

同年にサッカーの中田英寿氏を非常勤執行役員に迎え、キャラコのパッケージも彼の考案した目玉(?)のデザインに変わった事は知っていましたが・・・このデカ・キャラコが4ヶ月以上も前から発売されていたとは存じませんでした。

しかも〝黒糖味〟という私にとっては未知の味だったものですから、何年かぶりでキャラコを買うことに決定。

            ウォームハート 葬儀屋ナベちゃんの徒然草-キャラコ黒糖味

いや、確かに大きいです。 

まるでカリントウの大きさですが、サクサクッと軽い歯触りは同じですネ。

問題(?)のカロリーは、一袋当たりレギュラーサイズのものと殆ど変らず。(って、当たり前か?)

でも不思議なことに、今までのキャラコは1~2回で食べ切ってしまってたのに、このでっかい方は3~4個食べると、もう満足してしまうんです。

ダイエットしている方には、このジャンボサイズはオススメかも。笑2

それにしても東ハトさん・・・倒産してからというもの、ツキモノが落ちたように元気ですょネ。 

暴君ハバネロでヒットを飛ばしたり、様々な味付けのキャラコを開発したり。

・・・やはり企業も人も、「開き直り」 が大切なのかもしれません。


              ペタしてね

  

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10368335149.html?frm=themeより引用させて頂いております。