ぶ す

福田さんが〝アナタとは違う〟辞任をしてから1週間・・・後任を決める総裁選レースに関して、(福田さんの狙い通り?)各マスコミは連日大きく取り上げています。

今までに立候補を表明している方が7人(!)もいらっしゃるようで、そのいずれもがマスコミ取材等に応じて盛んにアピールしていますね。

中には(失礼ながら)どう見ても「売名行為」にしか見えない方もいますがあせあせ ・・・そもそも立候補には20人の推薦人を確保することが最低条件なのに、どうしてマスコミはこの条件を満たしていない候補者までTV出演させたりするんでしょう?

いくら民主党が無投票で小沢氏3選が確定しそうだといっても、扱い方に差がありすぎるように感じてしまうのですが・・・。

なんだか“意図的”なものを感じるのは私だけでしょうか?

いずれにせよ、今回の自民党総裁選・・・「若いから」、「女性だから」、「もうこの人でしか・・・」等という〝イメージ〟だけで決めないで欲しいですね。

あくまでも「政策」と「実行力」で選出してもらわないと、とても今の日本を立て直すことはできないでしょうから・・・。

          ◆     ◆     ◆     ◆

さて・・・何気なく読んでいた本に、今日9月8日の誕生花が〝トリカブト〟って書いてありました。

ちょっと調べてみたら、この誕生花って地域等で違いがあり、中には7月19日としている情報もありますが・・・私としては、このトリカブトが誕生花のひとつに上げられていること自体がオドロキでした。驚き顔 ヘェ~

何故なら、このトリカブトって「毒草」として有名だからです。

その昔、武将・伊達政宗が母親からトリカブトを盛られて暗殺されかかったのは知る人ぞ知る逸話です。


また近いところでは1986年、沖縄・石垣島で急死した女性の体内からトリカブトの毒が検出され、この女性の夫・神谷力が過去2人の妻も急死していることから保険金目当ての殺人事件の容疑者として逮捕され、無期懲役の判決を受けていますネ。

           ヤマトリカブト

                 <ヤマトリカブト>

「なんでまたこんな毒草が?」と不思議に思い、ちょっと調べてみたら・・・なるほど、確かに毒草ではあるのですが、この花の塊根を乾かしたものは「附子(ぶじ)」と呼ばれて漢方薬に用いられているのだそうですね。

しかしこの花には、根をはじめ茎・花にも毒素が含まれているそうですから、素人は絶対に扱ってはいけないそうです。 野山に行かれる方は気をつけてください!


ところで・・・。

よく美人の反対を「ブス」って言いますょね。あせる

この言葉、実はトリカブトから来ているのだそうです。目 ヘェ~

トリカブトを毒として利用する時に限って、「附子」を「ぶす」と読むのだそうです。(毒島と書いて「ぶすじま」と読む姓がありますょネ。)

不美人のことを「ブス」と呼ぶのは、トリカブトの中毒で神経障害を起こし、顔の表情がおかしくなったことを指す・・・というのが最有力説なのだとか。

世の男性諸氏におかれましては、あまりこの単語を乱発していると、女性からトリカブト盛られかねないですから、くれぐれもご注意を! 叫び





こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10131396743.html?frm=themeより引用させて頂いております。