アンパンマン

僕が最初にアンパンマンを描いたのは30年以上も前。


それまでの漫画に出てくるヒーローは悪者を退治する代わりに、街を破壊したまま弁償もせずに去っていくんだ。


それは本当の正義じゃない。


平穏無事に食べていけることこそ、我々が望む平和だと思ったんだょ。


アンパンマンはひもじい人を救うヒーローだからね。



・・・『それいけ!アンパンマン』の原作者、先月89歳(!)になられた漫画家・やなせ たかし氏の言葉です。


                

「本当の正義じゃない」・・・この言葉に、私は“ドキッ”とさせられました。



やなせ氏のこういう“優しい感性”が子供達に伝わるからこそ、アンパンマンは永遠のヒーローなのでしょうネ。笑顔



40年以上も歌い継がれている『手のひらを太陽に』の歌詞を手がけられた、作詞家・詩人でもあるやなせ氏は続けます。



僕は絵が下手だし大した才能もないけれど、やり続けたからこそ今があると思っている。


たとえ仕事がないときでも、努力しないとますます駄目になっていく。


ほとんどが運命で決まるといってもね、この世界で挫折していく人を見ていると、大抵は身体が弱くて続けられなかった人か、やらなかった人なんだ。


どんなに苦しくても、一生懸命に頑張っていれば運命だって味方についてくれるかもしれない。


               (※『日経ベンチャー』2008年3月号より抜粋) 



〝 豊かな感性と粘り強い継続 〟



人生の大先輩からズシッと胸に響くメッセージをいただき、私は“春・弥生”を何ともありがたい気持ちで迎えることができました。笑2


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10076249228.html?frm=themeより引用させて頂いております。