カイラク

2008-11-20 07:05:25
テーマ:

え~、〝カイラク〟・・・といっても、アッチ方面のお話ではありませんから、男性読者の皆さんは変な期待をしないで下さいョ。あせあせ

昨日あたりからグッと冷え込むようになりましたネ。 こういう季節になると、夕食は鍋物が恋しくなりますが、熱燗にはやっぱりシンプルな湯豆腐が酒の味を引き立たせますょネ。

ところでこの豆腐・・・今では殆どパックに詰めて売られています。

特に女性の方にはこの豆腐パック、開け辛くて困った経験をした方が多いのではないでしょうか? かく言う私も何度か力を入れ過ぎて、冷奴がおぼろ豆腐になったことがありますし・・・。泣き1

この豆腐パック、昭和40年代からズ~ッと今の形で売られているんだそうです。 運搬しやすく、何段に重ねても潰れず水漏れがしないように・・・というのがこの形になった理由なんだそうですが。

実はこのはがしにくい従来の豆腐パックを簡単に開けられる新製品を開発した会社が、弊社の地元・板橋区にあるんです。

この『藤村工業』という会社・・・従業員が社長を入れてたったの6人の規模なんですが、開発した新製品〝開楽パック〟が今年度板橋区の製品技術大賞を受賞したのです。

どうです、漢字で書けばヒジョ~にわかりやすい、一度聞けば忘れられないという、板橋区らしい(?)バタくさいシャレたネーミングでしょ?笑2

          湯豆腐

この会社は元来、包装容器を作る機械のメーカーさんだそうです。

ここの社長・藤村薫氏がある時、業界紙で「豆腐パックは開けるのに力がいる」・「どこを空けていいか分からない」という消費者のクレーム(?)記事を読み、この記事の元となった団体に、「水漏れ防止とはがれやすさを両立するのは無理」と電話を入れたところ・・・電話口に出た担当者から

「それを何とかするのが技術者でしょう!」

と切り替えされたことで、技術者魂に火がついたのだそうです。メラメラ

それから1カ月半試行錯誤した結果、容器の縁に切り込みを入れ、折ってフィルムをはがす方法を編み出したのだそうです。


現在は、さらに改良を加えたものを山梨県の豆腐業者さんが取り入れているとの事。

こういうアイデア商品、是非全国に普及してもらいたいものです。

この藤村社長が描く次なる夢・・・これが実にユニークでして、

〝キオスクで冷奴を売ってもらうこと!〟

なんですって。 

ビールに冷奴・・・新幹線などに乗る時これが実現すれば、世のお父さん達は大喜びですョ。

藤村社長、一日も早く夢の実現を目指して頑張ってくださ~い!扇子

・・・何だったら、〝新幹線で湯豆腐〟でもいいですょ~。新幹線




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10166342283.html?frm=themeより引用させて頂いております。