伏魔殿

2008-08-09 07:05:25
テーマ:

いよいよ北京五輪が開幕しました。

今日から24日までの17日間、各種目で熱戦が繰り広げられることでしょうが・・・私の願いはただひとつ。

日本はもちろんのこと、各国選手団・役員の皆さんが、無事競技を終了して帰国してくれることビックリマーク

・・・こんな事を真剣に願うオリンピックって、初めてのような気もしますが。うー


           オリンピック     オリンピック     オリンピック     オリンピック


さて中国といえば、数日前から報道されています、例の毒ギョーザ事件


昨日の発表では、「中国側から非公表を条件に情報提供があった」とのことですが・・・これを信じる国民は果たしてどれくらいいるのでしょうか?

そもそもは8月6日。 「中国で回収したはずのギョーザを食べた人がメタミドホスの中毒症状を起こしたことが判明した」・・・という報道が発端でした。

まぁ、回収した商品が再び人の口に入る・・・っていう事自体、日本では考えられないことですが。目 ナニソレ

※ ギョーザの製造元・天洋食品っていう会社は、中国国営企業(の関連会社)なんだそうですね。事件発覚後、この会社の代表が「我が社こそ最大の被害者だ!」と逆ギレ会見したのをご記憶の方も多いと思いますが、実はこの会見の時、その代表のとなりには、ナント捜査側であるはずの当局幹部がいて、「中国で毒物混入した可能性は極めて低い」と発言しているんですョ。

日本で、疑惑を受けた会社社長と、保健所の責任者が並んで会見するなんてことは考えられませんょね。 

そして昨日、その検疫総局の局長が自殺したとの報道が。・・・事件の闇は恐ろしく深いかも知れません。


で問題になったのは、当初その情報がサミット直前に中国当局から日本側に伝えられていたにもかかわらず、官邸サイドがこの情報を1カ月以上抑えた・・・という点でした。

その時点では、福田首相はこの情報を「知らなかった」と言ったとされ、町村官房長官は定例会見で「情報を抑えたのは私ではない!」と不快感をあらわにし、野田消費者行政担当相は「報道で初めて知った」と、バラバラの発言をしていました。

ところが昨日の報道では一転、「中国側から公表しないよう要請があった」と、まるで口裏を合わせたように一本化されているではないですか。(これって、官邸記者クラブの情報統制?)冷や汗

それはそれで見方を変えれば、「じゃあ非公表だったはずの情報が、何故、どういう経路で漏れたのか? 官邸の情報管理はどうなってるの?」っていう、ツッコミの対象になりますょネ。

中国国内では、この中国人が中毒症状を起こしたことを公表していない中で、その情報をわざわざ非公表を条件に日本に伝えてくること自体、私には信じられません。


今回の一連の流れって、何となく今まで日本で起きた食品偽装事件が発覚した時のプロセスに似ていませんか?

社員(=官邸・外務省職員?)の内部告発(情報リーク)によって偽装(=情報)が発覚、当初社長(=総理)は「知らないし、指示もしていない」、「全て工場長(=官房長官・外務大臣)に任せていた」等とシラを切るも、結局は会社(官邸)ぐるみの関与が明らかになっていく・・・。あせあせ

            総理官邸

一昔前、某女性外務大臣が、「外務省は伏魔殿」という名セリフを残しましたが、この総理官邸こそ国民にとって伏魔殿なのかもしれません。

この建物は本当に日本国の総理大臣官邸なのでしょうか? 

まさか「中華人民共和国・東京支店ビル」なんかじゃないでしょうね!うー


「今はオリンピックの最中だから」って、福田さんお得意の〝配慮〟なんかしたところで、24日にオリンピック終わった後、もし相手の態度がコロッと変わって、やっぱり「単なる情報隠蔽」だった・・・なんてことになったら、国民目線がウリの福田政権にとって〝致命傷〟になるかもしれませんね。


福田総理・・・貴方が〝配慮〟すべき対象は日本国民ですょ!怒


その昔、聖徳太子が隋朝に送った書簡に記した名言、

日出處天子致書日沒處天子無恙・・・〟

(日出ずる処の天子、書を日没するところの天子に致す、つつがなきや・・・)


このくらいの気概を持ってもらいたいものです!




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10124903437.html?frm=themeより引用させて頂いております。