凍れ!

かなり昔のことですが・・・10月のある夜、友人と二人で酒を飲んだ時のこと。


その友人はアメリカに留学経験があり、一時期ニューヨークで働いていたこともあって、当然ながら英語はベラベラ。


当時、私は英語に若干興味を持っていて、趣味でアメリカ映画の台本(対訳本)を買い込み、映画とあわせ見ながらヒアリング等を勉強していた頃でした。


友人はその事を知っていましたので、だんだん酔いが回るにつれ、


「お前、○○○○って、どういう意味か分かるか? 

えっ、分からない? なんだょ、そんなの初級コースの言い回しだぜ。

ったく、勉強が足りないんじゃないのォ?」


・・・ってな感じで、私をからかい始めました。


彼、普段はいい奴なんですが、酒が入るとネチッこくなるのが玉にキズ。あせあせ


かくいう私も、彼の質問に答えられないのがだんだんシャクに触ってきて、


「じゃあ、オマエ。 〝Freeze!〟って分かるかョ?」


と逆質問。 すると彼は、


「なんだぁ、ソレ。 『凍れ!』 ってか? 意味が分かんねぇ~ョ。」


「エッ、知らないの? 『動くな!』って意味だョ。

メリカじゃ警官とかに銃向けられてそう言われたら、動くと撃たれるんだぜ。

映画なんかによく出てくるゾ。」 


「ケッ、オレはお前と違って品行方正ですからネ~。

アメリカのポリスに銃なんか向けられたコトないから知りませ~ん!

そんなスラングばっかり覚えてないで、少しはビジネス英語も勉強しろョ。」


「フンッ! 言ってろ、酔っ払い!」


・・・なんともしょ~もない、子供の言い合いみたいな会話でした。


しかし未だにこの会話を忘れられないのには、ワケがあるんです。

             ハロウィーン


その悲劇は今から16年前、1992年の今日・10月17日、アメリカ・ルイジアナ州バトンルージュで起こりました。


当時16歳の高校生だった服部剛丈(よしひろ)君が、留学先の友人とハロウィン・パーティーに出かけたのですが、間違えて別の家を訪問。 


出てきた家人のロドニー・ピアーズに拳銃を突きつけられ、“Freeze!” と警告されたものの、服部君はその意味が分からず、ハロウィンの仮装をしたままで更にピアーズに近づいたため射殺されてしまいました。


刑事裁判ではピアーズ被告は無罪となったものの、その後の民事裁判では彼がガンマニアであり、普段から粗暴であったこと、そして当日は酒に酔っており妻の制止を振り切って家から出て発砲したことが明らかになったことから、遺族が勝訴するという特異な経過を辿りました。


またピアーズ夫妻が強硬な人種差別主義者であったことなど、銃規制問題と合わせてアメリカの暗部を浮き彫りにした事件でした。

・・・友人と飲んだのは、この僅か数日前の夜だったんです。

事件が報道された翌日、その友人から


「おい、この前飲み屋でオマエが言ってたこと・・・ホントだったんだな。 

オレはラッキーだったょ。 もし同じ状況に遭遇してたら、オレも撃たれてたかもしれない。」


というシリアスな電話があったことも、はっきり覚えています。


今でもアメリカ映画やTVドラマで、 “Freeze!” を耳にするたび、私はこの事件を思い出してしまいます。

事件後、剛丈君のご遺族らが資金を提供し、『YOSHI基金』を設立。

「銃のない日本社会をアメリカ人高校生に知ってもらう」ため、毎年留学生1人を受け入れているそうです。

この活動に関心を持たれた方、下記サイトをご覧になってみて下さい。(

 http://www11.plala.or.jp/yoshic/y-frame-jp.html

あらためて、服部剛丈君のご冥福をお祈り致します。(-人-)



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10143202174.html?frm=themeより引用させて頂いております。