司 会 <中>

開式5分前になっても姿を見せないSさん・・・ヤキモキする私を尻目に、ご親族の皆さんは涼しい顔。


不思議に思ってお聞きすると、ナントSさんのお住まいは式場から自転車で5分もかからない距離にあるとの事。


(道理で、さっきあんな格好で式場に来られたんだ・・・)


と妙に納得したちょうどその時、定刻の午後6時ジャストにSさんが姿を現しました。


「おっ、みんな皆揃ってるようだネ・・・。んじゃ、始めようか?」

と言って、スタスタと式場に入ろうとするものですから、私は慌てて

「す、すみませんがSさん。 ちょっとだけ打ち合わせさせて下さい。」

と言ってロビーの片隅に来ていただき、

「Sさん、では司会の方はお任せします。 私の方から開式の口上だけ申し上げますから、その後はよろしくお願いしますネ。」

と申し上げました。

「おう! 分かった、分かった。」

(ホ、ホントに分かってるのかなぁ・・・)うー


・・・予定より10分遅れて、兎にも角にも通夜式は始まったのです。


            棺囲い生花祭壇
 

            (※写真はイメージです。本文とは関係ありません)     


式場中央に綺麗な花々で囲われた棺をご安置し、その周囲を囲むようにご親族全員が着席されました。

私は開式の口上を述べた後、

「ではこれより、S様のお取り仕切りによりまして、通夜式を開式とさせていただきます。 それではS様、よろしくお願い申し上げます。」

するとSさんは、席を立つとその場でマイクを手に持ち、何やら準備してきた原稿をポケットから取り出し、それを読み始めました。

内容は・・・故人様と本家(というかご自分!?)の略歴、そして今回「無宗教葬」形式になった経緯の説明でした。

(あららら、Sさん・・・それって喪主様が喋る内容ですョ。)あせる

なんて思っている内に〝司会者〟Sさんの「スピーチ(というか原稿朗読)」が終わりました。

するとSさん、こうおっしゃったんです。

「で、このたびの葬儀につきましては、葬儀社ウォームハートの社長さんに大変お世話になりまし。 

ありがとうございまし。」

(Sさ~ん、そんなことは言わなくても・・・。それにまだ始まったばかりで過去形はマズいでしょ・・・。)

そして、これまた予想外の一言がSさんの口から!

「それでは社長さん、あとはよろしく!」

そう言うなり、ドッカリ椅子に座ってしまうではありませんか。驚き顔

(えっ? ち、ちょっとSさん、貴方さっきまで司会進行やるって言ってたじゃないですかぁ。)

喪主席に座っているA子さんが、もう涙目で私をすがるように見つめています。

あぁ、一難去ってまた一難・・・・どうする、ナベちゃん?汗


   

        ・・・To be continued!



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10139315304.html?frm=themeより引用させて頂いております。