司 会 <下>

どこかの総理大臣のように、いきなり「司会」の座を放り投げた(?)Sさん・・・結局やりたかったのは、どうやら〝葬儀委員長〟だったみたいですネ。汗

そして私は、いきなり後を託されたわけですが・・・実は、昼下がりにSさんが突然式場にやってきて、二言三言やり取りをさせていただいた時に、

(ハハァ~ン・・・このSさんって、殆ど司会経験はないナ。)

って(失礼ながら)何となく感じていました。

ですから口には出しませんでしたが、式中のアクシデントを想定して何通りかの進行パターンを予め考えてはいたんです。

さすがに冒頭からこういう展開になるとは予想していませんでしたが、ヘタに中途半端なところでバトンタッチさせられるよりも、私にとって “初期段階での丸投げ” は返って助かりました。(司会経験のある方なら、この感覚はお分かりいただけるかと・・・。)

マイクを引き取った私は、

「それでは、まず故人様に黙祷を捧げたいと存じます。 

 恐れ入りますが、皆様ご起立をお願い致します。」

という感じで進行を引き継ぎ、以降故人様の愛した曲をお聴きいただく “献奏”、そして“献花” 等々・・・時計とにらめっこをしながら式を進め、最後は “喪主様のご挨拶” をいただいて、午後7時過ぎに無事(?)閉式することが出来ました。笑3 ホッ

お食事の席へと皆様をご案内し、皆さんが箸を付け始めた頃・・・部屋からは

「どうだA子ちゃん、ビシッといい通夜になっただろ!」

というSさんの大きな声が、ロビーにいる私にまで聞こえてきました。ダメだぁ顔     

             マイクロフォン

食事も終わって帰り際、SさんとA子さん、そして私の3人で翌日の打ち合わせをした際には、

「明日は、もうアンタに任せるワ。」

とおっしゃっていたのに、翌日また開式時間ギリギリに式場入りしたSさんが、

「あのさぁ、やっぱりオレ・・・今日の精進落としの料理について最初に説明したいんだけどなァ・・・」

と言い出すではありませんか。驚き顔 エ~ッ

しかし、さすがに告別式は出棺時間の問題があるので、

「Sさん、精進落しの件は告別式の時でなくても、火葬中の待ち時間が約1時間ありますから、その時にお話されれば如何ですか?」

と申し上げました。

でも、どうしても喋りたいらしくて「う~ん。」と唸っていたSさんに・・・それまでズ~ッと見て見ぬふり汗をしていた奥様が、遂にシビレを切らせたのか、

「アンタ、いい加減にしなさいョ。今日は静かにしてなさい!」怒

と一喝。


さすがのSさんも、シュ~ンとして式場に入りました。

おかげさまで告別式は予定通り進行し、故人様の棺は皆さんに手向けていただいた花々で一杯になった故人様の棺は、無事火葬場へと向かわれました。

ちなみに火葬場でのSさん、4,5人ずつ座っていたご親戚のテーブルを逐一回って、精進落しの説明を一生懸命していた・・・と、同行スタッフから後で報告がありました。あせあせ

全ての式次第が無事終了し、A子さんのご自宅に伺って後飾りを設えさせていただいた時、

「一時はどうなることかと思いましたけど、おかげ様で無事母を送ることができました。 本当にありがとうございました。」

というお言葉をいただき、ホッと一息。

A子さん、さすがにかなりお疲れのご様子でしたが・・・私にとってもドキドキの連続、も~グッタリの2日間でした。うー フゥ~ッ



・・・ここで皆様にお知らせとお願いがございます。 

弊社ウォームハートは、できる限りお客様のご要望に沿ったご葬儀の施行をさせていただくことがモットーでございます。

しかし・・・式当日に「司会やらせろ!」というお申し出だけは、何卒ご容赦ください。 ご迷惑をおかけします




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10139984322.html?frm=themeより引用させて頂いております。