心 友

2008-04-17 07:07:07
テーマ:

東京は、今日の昼過ぎから荒れ模様の天気になるとか・・・。


昨日の暖かさに浮かれて、洗車しなくて正解だったかも?あせあせ


         雨     雨     雨     雨

さて、私の数少ない(?)お気に入りのTV番組のひとつ、TXNの『たけしの誰でもピカソ』


旬の芸人や芸術家が出演して、北野武さんのMCで面白おかしく紹介したり、演奏したり・・・。金曜の夜はこの『誰ピカ』を見てリラックスしています。笑3



先日、ゲストとして元“B&B”の島田洋七さんが出てました。


相変わらず喋り出すと止まりませんナ~、彼は。


「がばいばあちゃん」シリーズでシコタマ稼いだようですが、もともとこの本を出すきっかけは、武さんのアドバイスだったことはつとに有名です。


が、彼ら2人が一時期 “同棲”あせあせ していたとは知りませんでした。


しっかり番組内で洋七さんが宣伝していた、武さんとの交遊録『俺の彼』ダウン、お取り寄せして読んでみました。

               俺の彼


私のような、『THE MANZAI』『俺たちひょうきん族』を見て大いに笑った世代には、懐かしさがいっぱいに溢れる一冊でした。


横山やすし師匠や武さん、洋七さん、そして島田紳助さんなどなど、普段テレビで見る“表の姿”とは違い、彼らの人間関係は、想像以上に深くて強いのですね。


特に武さんと洋七さんの関係は、親友を超えた「心友」と言えるのでは・・・と感じました。


武さんがバイク事故で入院、手術した時に、頭を金属棒が貫通している姿を見て、思わず洋七さんが


「お前、○○○か?」


とツッコンだハナシには大笑い! 

(○○○ってナニ?・・・知りたい方は、是非本を読んでみてくださいネ。)


このセリフ、心友だからこそ言えたんじゃないかなぁ。そうでなければケンカになったかも・・・。あせあせ



いずれにせよ、大いに笑えて、チョッピリ切なく、そして心が温まる一冊でした。


         おでん     おでん     おでん     おでん


ところで私、普段からそう思っていましたし、またこの本を読んで「やっぱりなぁ・・・」と感じたのですが、武さんや洋七さん、そして紳助さんも、皆アタマが良いし、感性が鋭いですね。


どの世界でもそうじゃなきゃ、トップには立てないんでしょうね。


番組内で、武さんが何気なくこんなことを言ってました。


「しゃべくりはさんまに勝てない。漫才は洋七に敵わない。司会は紳助が上だと思う。確かにオイラは単品で見れば№1じゃないんだょね。でも、全部足しての勝負だったら、オイラでもイケるんじゃないかって。」


自分自身をこんな風に冷静に分析して、それを映画監督挑戦などの行動に活かせる人って・・・


英語でいえば、さしずめ“smart”って感じでしょうか?


さすがは“金獅子賞”男です。笑2


 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10088202561.html?frm=themeより引用させて頂いております。