悪夢の転勤 ~中~

< 前日からの続きです。 m(_ _)m >


大家さんからの信じられない「通告」を受け、私は翌日朝一番で支店に出向き、副支店長に相談しました。


「副支店長、昨日大家さんが来て『ムスメを住まわせたいから出てくれ』って言われたんですけど・・・この話、ご存知でしたか?」と聞くと、


「何だソレ。そんなハナシは初耳だょ。」と副支店長はおっしゃいます。

(注 : 後日大家さんに確認したところ、彼女は『前月にお宅の支店には通告した』と発言。怒り顔


「でも、いずれにしろ出なきゃいけないワケですょネ。 ワタシは着任したばかりで土地勘もないですし、新しい社宅は支店の方で探してもらえますか?」


とお願いしたところ、副支店長の答えはツレないものでした。


「ばかやろう! そんなのは自分で探せょ。支店はそんなことに関わってなんかいられん。」


・・・社宅手配したのは支店なのに、なんで私がバカ呼ばわりされるのか全く理解できませんでしたが、いずれにせよ着任早々の初仕事は「自分の社宅探し」になったワケです。あせる (T・T)


さてそれからが大変でした。


仕事の合間に不動産屋さんを回るのですが、通常転勤時期を過ぎて落ち着いてしまっていたため、適当な空き物件が見当たりません。 稀にあっても狭かったり、古すぎたり・・・。


大家さんの通告から、明け渡し期限となる3ヶ月ギリギリになっても物件が見当たらず、結局若い部下の一人に新築のやや手狭な物件に入ってもらうことにして、その後釜に私がスライドで引っ越す形で落ち着きました。


自分も大変でしたが、部下もとんだトバッチリで引越しをするハメになり、大変心苦しい結果となりました。


部下の奥さんが「新築マンションに入れるワラブラブ」と喜んでくれたのがせめてもの救いでしたが・・・。



何とか「玉突き引越し」も無事終わったものの、我が女房は3ヶ月前のことがトラウマになり、最低限の荷解きをしただけで、半分近い荷物はダンポールに入れたまま部屋に積み上げていました。


「みっともないからダンボールから出せョ」・・・と訝る私に彼女は、


「だって、2度あることは3度あるっていうじゃないの。

な~んか、イヤ~な予感がするのょね。」


「・・・・・。」 うー


まぁ、迷惑をかけた手前、さすがの私もそれ以上は何も言えませんでした。


2度目の引越しの直後、着任後初の全国一斉キャンペーンの時期を迎え、「さぁ、気を取り直して頑張ろう!」と思っていた矢先、今度は支店長から“お呼出し”がかかりました。


(この前支社長会議したばかりなのに・・・ナンだ?)


不審に思いながら支店に向かう私は、その後女房の“女のカン”の鋭さに舌を巻くことになるのです。うー



    ・・・・・To be continued!  (T・T)/~~~~~~


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10077774644.html?frm=themeより引用させて頂いております。