“手づくり?”ギョーザ

冷凍食品から農薬に使われる有毒成分が検出されるという事件が発生してしまいました。


とりあえず重体だった女の子が快方に向かっているようで安心しました。もし万が一の事態になっていたら、国内は更にパニック状態に陥ってしたかもしれません。


「ウチは冷凍のギョーザは買ったことないからナ。」と若干他人事(^^;(失礼)でニュースを見ていた私、ところが今朝のニュースで、問題となっている『あの国』の工場で生産されている具材を使った食品を紹介している中に、去年私が自分で買ってきて食べたチャーハンがあるじゃないですか!

 (◎◎; オイオイオ~イ!!


ちょうど朝食で納豆ご飯を口にしていた私は、思わず噴いてしまうところでした。


これで私にも全く他人事ではなくなったワケです。あせあせ



今回の混入事件、何が一番不安か・・・というと、


コトが起きている現場が日本国内でなく『あの国』である可能性が高いこと。


②それ故、現時点で混入経路及び原因が全く不明なこと。


だと思うのです。


しかし、私自身もそうであるように、このように海外から輸入している原材料の安全までは一般消費者には確認のしようがありませんし、普段我々が口にしているもので『あの国』から輸入されているものはあまりにも大量・多品種であり、それを全部回収などは不可能でしょう。


いまだに「報道管制」が敷かれている『あの国』の当局が、「農薬成分は検出されなかった」と発表しても、おそらく日本国民の大半は信じないでしょうし、あのように即時反応をするのも、オリンピックが終わるまでかもしれません。


我々国民の“食の安全”を守るためには、食品産業各社の品質管理に頼らざるを得ないのが現状だと思います。


今後もまだまだ回収商品の品目が増えると思いますが、一刻も早い原因解明と代替策を講じるよう各社にはお願いするしかないようです。


それにしても、例のギョーザ。パッケージには「手づくり」と記載されてますが、いざこの騒ぎになると、ニュースでは“工場では殆ど手作業で製造”と報道されてますょね。パッケージの謳い文句通りあせあせなのに、返って「だから危ないんだョ!」と思われてしまうのが、なんとも皮肉じゃありませんかはてなマーク(_ _;


それにつけても、監督官庁のお粗末さは相変わらずというか・・・。うー


「1月4日、仕事始めでパソコン立ち上げたら、12月29日付けのメールが届いていました。」


とか、


「4枚送信するはずのFAXが、ミスで3枚しか送られていなかった。」


ですって!


私の仕事が“365日・24時間対応”だから言うワケじゃないですがねぇ、少なくとも民間会社でこんなこと言い訳にならないでしょ!怒


メールじゃなくて、電話一本するハナシじゃないの?怒り顔


「仕事納め」云々レベルのハナシと違うんじゃないの?怒り顔


FAX送ったら、確認電話入れるのが常識じゃないの?怒り顔


・・・もういい加減他人事みたいな、というか子供じみた言い訳するのは止めて欲しいものです。パンチ!

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10069449056.html?frm=themeより引用させて頂いております。