摩天楼

上野動物園の人気者、パンダのリンリンが昨日未明、22歳7ヶ月での大往生を遂げました。


日本が所有する最後のパンダ。過去には繁殖を試みるためメキシコに3度も渡航するなど、数奇な“人生”を歩んだリンリン・・・。


動物園々長の、「恐らく世界で最も飛行機に乗ったパンダだったろう。苦労をかけました。」というコメントが印象的でした。


「上野動物園といえぱパンダ」というイメージがありましたが、遂に上野の杜からパンダはいなくなってしまいました。


いつかまたパンダを見られる日が来ることを祈りつつ、多くの子供たちを楽しませてくれたリンリンのご冥福をお祈りします。 (-人-) オツカレサマデシタ。


          パンダ     パンダ     パンダ     パンダ

さて話題は変わりまして・・・。


今を遡ること77年・・・1931年の今日・5月1日、アメリカ・ニューヨークにて、フーバー大統領列席のもと、エンパイアステートビルのオープン式典が華やかに催されたそうです。


地上381m(テレビ塔を入れると443.2m)、地上102階で、前年に完成したクライスラービルを抜き、その後WTC竣工までの約41年間、世界一のノッポビルとして君臨し続けました。


以前、拙ブログで取り上げました「霞が関ビル」が完成する37年前(すなわち五・一五事件の前年!)に、それを2.5個積み上げたようなビルを造ったわけですょ、アメリカは! 驚き顔 スゴイ!

              エンパイヤステートビル

                (Empire State Building HPより)


ビルのオープン2年後には、早くもあの有名な映画『キングコング』の活躍の舞台として登場しましたが、実はこのビル、過去に飛行機が突っ込んだ事があるんです。目


1945年7月28日、アメリカ陸軍所属のB-25爆撃機が、操縦を誤って79階北側に衝突。機体が建物にめり込んでしまったとか・・・。


この時は幸い小さな火事が発生しただけで済み、14名の死者を出したもののビルの損害は軽微なもので、ビクともしなかったのだそうです。


さすが、キングコングが乗っかっても壊れないだけのことはある、頑丈な建物ですネ。(_ _)/☆バキッ!



ところで、このエンパイア・ステート・ビル・・・現在でも屋上展望台で結婚式を挙げることが出来るのだそうですョ。


これから結婚式をを考えている皆さん!


“ニューヨークの摩天楼”で、永遠に壊れることのない愛の誓いを立ててみませんか?ラブラブ



・・・って、葬儀屋が勧めてど~するの!?あせあせ 





こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10090092911.html?frm=themeより引用させて頂いております。