改 造

2008-08-03 07:05:55
テーマ:

就寝中、自ら放ったオ○ラが扇風機に煽られ、自分の鼻に漂ってきて・・・


そのあまりの臭さで、午前3時30分にバッチリ目が覚めてしまったナベちゃんです。 ダメだぁ顔 クッサ~

あっ、すみません。日曜の朝から・・・。ご迷惑をおかけします


          ((((((((((((((((((((((((((・ω・)


昨夜は、関東地方での花火大会の数がピークを迎えていたそうです。打ち上げ花火

そこかしこで、夜空を彩る大輪を楽しまれた方も多かったことでしょう。

弊社の地元・高島平も、「戸田橋花火大会」で大変な人出でした。

さて、東京のど真ん中・永田町でも、本来ならば内閣改造という「大花火」が上がったはずなんですが・・・。〝ドド~ン!〟という威勢の良さが感じられない、ナンだか〝ポンッ〟っていう、不発気味というか、地味な印象が拭えませんでしたネェ。

確かに福田さんが総理になった時は、前任の某お坊ちゃま総理がご乱心(?)の末政権を投げ出したため、その時の内閣をほぼそのまま引き継がなければならなかった・・・という事情がありました。


ですから、それから1年弱経過したところで、自分の意思を反映した組閣を・・・と思うのは無理からぬことだとは思います。


新たな組閣メンバーを見ると、各派閥の領袖をラインナップに加えた重量感のある陣容ですね。(他球団の主力選手をかき集めた某プロ球団を彷彿とさせますが。)あせあせ

          福田新内閣

報道では、「人気者」の麻生太郎氏を幹事長に迎え入れたことで、内閣支持率の上昇を期待できる・・・との声もありました。


確かにある程度の好影響はあるでしょう。 しかし今までは選挙を取り仕切る党内最重要ポストであった幹事長も、選対委員長というポストを作って古賀誠氏が存在する以上、それほどの影響力を発揮するようには思えません。

また、野田聖子氏・保利耕輔氏という「郵政造反組」を起用することで、明確に「小泉改革路線」から一線を画す姿勢が見て取れます。未だ国民の人気が根強い小泉氏と距離を置くことが、果たして『吉』と出るのか?

そして何と言っても、経済財政相に与謝野薫氏・財務相に伊吹文明氏という、消費税の増税推進・親官僚派を起用したことで、財政再建を全面に押し出そうとする意図もはっきりしたといえましょう。

予想以上の大改造を敢行したにもかかわらず、国民の多くがこの改造を冷淡に見ているのは・・・福田首相自身が、明確かつ具体的な政策を提示できないからではないでしょうか。


福田総理の発言を聞いていると、「しっかり」とか「きちんと」とか、抽象的な表現が多いように感じるのです。

いくら手駒を取り替えようと、トップの指示が明確でなければ、どんな組織でも崩壊します。

自らの内閣を『安心実現内閣』と命名したそうですが・・・この曖昧な表現こそ、福田さんの具体性欠如を象徴しているのではないでしょうか。

今、国民の不満・不安は、収入が増えないのに生活必需品の物価上昇が止まらないことにあると思います。

この〝生活不安〟を払拭する具体的な政策を打ち出せない限り、内閣支持率の上昇など望むべくもないでしょうね。うー


「国民目線」で・・・っておっしゃってますけど、くれぐれも「官僚目線」にならないようにしてもらわないと・・・。

ニュース番組で、あるご老人がインタビューに答えて一言。

「消費税上げるのもいいけど、その前に選挙やってもらわにゃあ。」


・・・庶民は的確に政治を見ていますョ、福田さんビックリマーク



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10122713843.html?frm=themeより引用させて頂いております。