曲 芸

ここ数日の豪雨は凄まじいですね。 私の住まい周辺も、熱帯雨林の中にいるんじゃないか?・・・と錯覚するような、怖いくらいの降り方です。

東海地方その他で水害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

・・・ここでちょっと〝ミニ情報〟!

皆さんは、ご自宅に掛けている火災保険・・・どんな契約内容かご存知ですか? 一口に「火災保険」といっても、いくつか種類があるんですョ。

もし、掛けている住宅向けの火災保険が「総合補償型」(住宅総合保険など)であれば、今回の集中豪雨などで床上浸水等の被害を受けた時、保険金が支払われる場合があるんですョ! 目 ヘェ~

この機会に、是非あらためてご自分の火災保険証券をチェックしてみてくださいネビックリマーク

           雨     雨     雨     雨

さて、話題を変えまして・・・皆さんは、木下光三という方をご存知でしょうか?

今日はこの方の13回忌に当たるのですが・・・。笑3

実はこの方、世界三大サーカスのひとつ、〝木下大サーカス〟の二代目社長さんだったのです。

皆さんはサーカスを実際にご覧になったことがありますか?

私は子供の頃、目抜き通りをサーカスの一団が華やかにパレードしていたのを見た記憶が残っているものの、TVでボリショイ・サーカス等を数回見ただけで、実際にテントの中で見る機会がありませんでした。

ライオン、トラやゾウなどの猛獣使い、コミカルな動きで笑いを取るピエロ、そして華麗な空中ブランコ等々・・・ブラウン管からも十分その楽しさが伝わりました。


実はこの木下大サーカス・・・創業は1902年。なんと今年で106年目を迎える超老舗なのだそうです。驚き顔 ヘェ~


           木下サーカス

                <木下サーカス HPより>


二代目の光三氏は、1959年に社長に就任しましたが、それ以前から同サーカスの実質的な経営に携わっており、1950年にはハワイに渡って海外公演の先鞭をつけ、以後1986年まで12回もの海外公演を成功させたのだそうです。

またテントを使った会場設営も光三氏が始めたのだそうで、いわゆる近代サーカスの基礎を築いた功労者と言えるでしょう。

現在の木下大サーカスは、光三氏の次男・唯志氏が四代目として同社を率いているそうです。

私の子供の頃は、〝サーカス〟というと、何故か少し暗いイメージ汗があったのですが、今は数々のショーを組み合わせた“一大エンターテインメント”として、家族揃って楽しめる、明るい(?)内容なのだとか・・・。

大人一人3,000円程の入場料で、約2時間座ってビール片手に家族全員で楽しめるのですがら、炎天下の遊園地で何時間も並んでクタクタになるよりも、(お疲れの)お父さんには体に優しいレジャーかもしれませんョ。笑2

最近、千葉公演が終了したばかりのようですが、もしお近くで公演があったら、是非一度足を運んでみては如何でしょう?

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10128673708.html?frm=themeより引用させて頂いております。