極 刑

昨日、注目の判決が広島高裁で出されました。


既に皆さんご存知の『光市母子殺害事件』差戻し審の判決です。


この事件は1999年4月14日、当時18歳の少年が山口県光市のアパートに強姦目的で侵入、本村弥生さん(当時23歳)の首を絞めて殺害、そして泣き叫ぶ長女・夕夏ちゃん(生後11ヶ月)を床に叩きつけるなどして殺害したという、日本中を震撼させた凶悪な犯行でした。


犯行時18歳1ヶ月だった犯人に対し、ご主人の本村洋氏・検察側が死刑を求刑したものの、2000年3月22日に山口地裁の下した判断は無期懲役。2002年3月14日に広島高裁は検察側の上告を棄却しました。


ところがその4年後の2006年6月20日、最高裁は検察側の上告に対し広島高裁の判決を破棄し、審理を差し戻しました。


その後再び広島高裁での集中審理等を経て昨日の判決に至ったわけです。


大方の予想通り、被告に死刑が言い渡されました。


事件から昨日の判決まで、実に9年以上を要したこの裁判・・・。

私は個人的に、この事件・判決には非常に注目していました。


現行の少年法に対する疑問と、それを将来(実質)的に改定する契機となり得る、もしくは今後の事例に大きく影響する判決となるだろう・・・と思っていたからです。


また、ごく普通のサラリーマンから、一転して悲劇の主人公となってしまわれた本村洋氏が、事件当時23歳という若さであり、最愛の妻子2人の無念を晴らすために闘う・・・それのみに10年近くの貴重な青春時代を犠牲にされたことに、同情を禁じ得なかったからでもあります。


事件当初から、本村氏の言動を拝見するにつけ、20歳代の若者がよくぞあそこまで感情を乱すことなく、冷静かつ客観的に対応できるものだ・・・と感心するばかりでした。


それは偏に“妻子の墓前に良い報告ができるまでは・・・”という強い気持ちで自らの感情を抑制し続けたのだ、と私は推測します。 


おそらく多くの国民が本村氏の主張に「正義」を感じたのでは・・・と思います。

                本村 洋



一方加害者側は、過去の判例から「殺意を認めても死刑にはならない」と、一審からタカをくくっていた節が伺えました。(実際、第二審判決までは想定通りだったのでしょう。)


ですから、問題になったあの「友人への手紙」の文面こそが、おそらく気を許した加害者の「本心」であったろうと、私は思います。

従ってこの事件に関し、多くの法曹関係者の予想に反し最高裁が広島高裁に「差戻し」たことは、画期的な事だと私は評価しました。

(強いて言わせてもらうならば、差戻しではなく、直接「極刑判決」を出せなかったのか?・・・それが残念ではありましたが。)


最高裁での上告審に、公判開廷を予期していなかった(?)主任弁護人の安田弁護士らが(故意に?)欠席して引き延ばしを図るなど、著しく裁判官の心証を悪くし、挙句の果てには差戻し審で殺意を一転否認、“人権派(?)弁護士”20人以上を集めた上での意見陳述は、裁判に関しては素人である我々一般人をも呆れさせるような、荒唐無稽の内容でした。


それに被告弁護側からは、被害者遺族の心情を逆撫でする、またこの裁判を被告人のためだけでなく、死刑廃止運動の一環であるかのように捉えているような言動も散見され、また途中解任される弁護士も出るなど、およそプロの法律家集団とは思えない、更に言わせてもらえば“非人間的”な心象を強く持たざるを得なかったですね。


個人的には、ここ2年弱の差戻し審での弁論や、昨日までの記者会見等の発言の内容を見た時、被害者側弁護士20人以上が束になっても、本村氏一人の毅然とした言動には到底及ばなかったのでは・・・という印象を受けました。


第二審までの供述を一転させたことが、被告人本人の意思なのか、それとも弁護団の方針によるものなのかはわかりません。

が、いずれにせよ差戻し審での彼ら被告側弁護団は、(ともすれば前例主義に固執したと思われる)その弁護方針や言動に於いて、裁判以前に人間として最も大切な「罪を真摯に反省し、心から被害者に詫びた上で校正を誓う」ことよりも、殺意がなかったことをことさらに強調しようとした点反省し、自分たちに向けられた世論の批判を重く受け止めるべきだと思いますが、如何でしょう?


昨日の判決は、18歳以上には死刑を宣告できる現行刑法に準拠しており、おそらく多くの国民の感情に沿うものだと思います。今後の裁判員制度にも少なからず(良い意味での)影響を与えるでしょう。


同時にこの判決が、凶悪化の一途を辿る(少年)犯罪の抑止に繋がることを期待しています。


(本件からは逸れますが、裁判員制度開始にあたり、私は「終身刑」という量刑を制度化することを強く望みますが・・・。)



素人なりに言わせていただければ、『裁判に勝つためには何を言っても、何をしても良い』というような公判戦略では、今後の裁判員制度を導入した法廷では通用しなくなるし、あまりにも“世間の感情”を軽視するような言動は手痛い結果をもたらすだろう・・・ということを、検察官・弁護士双方のプロの方々には十分汲み取っていただきたいと思います。


被告側は即時上告をしたようですが、特段の新証拠でも出てこない限り、差し戻しを指示した最高裁がこの判決を覆すことは常識的にはまず考えられません。


最高裁には、むやみに時間を浪費することなく、最終審判を下していただきたいものです。

本村さん・・・。

これからも闘いが続きますが、今まで9年余の長きに渡り、本当にお疲れ様でした。 

貴方の類稀なる自己抑制と、高い見識に基づく真摯な言動に、私は心から敬意を表します。


貴方が今まで背負ってこられた“重荷”をこれで完全に降ろせる・・・とは思えませんが、墓前に今日の判決を報告された後は、どうか今まで費やした闘いの日々を取り戻して余りある、充実した第二の人生を送られることを切に願って止みません。


そしてあらためて、亡き本村弥生さんと夕夏ちゃんのご冥福を、衷心よりお祈り申し上げます。(-人-)


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10090069063.html?frm=themeより引用させて頂いております。