生長点

牛肉やらウナギやら、食品偽装報道が相変わらず続く昨今。

「ったく、しょうがないなぁ。」と呆れる日々ですが・・・かく言う私も、食材に関して「まだまだ勉強不足」と最近思い知らされました。

コミック『玄米せんせいの弁当箱』(ビックコミックオリジナル連載)から、また教えられたのです


皆さんは〝生長点〟って、ご存知ですか?

恥ずかしながら私、全く知りませんでした。あせる

例えば、キャベツの芯の部分や、カブでいえば葉と実の継ぎ目や「ひげ根」の部分のことなんだそうです。ダウン

           カブ

今まで私はカブのシッポみたいなところや、葉の付け根部分は全部捨ててましたし、キャベツは芯をカットしてから千切りしてました。

ところが、この部分こそ最も細胞分裂が盛んな部位なのだそうです。

キャベツの芯は新しい葉をどんどん作り、カブのひげ根は固い土をグイグイ押し広げるところ・・・すなわち最も生命力が高い、命が湧き出る泉なのだそうです。

地球温暖化を危惧する前に、こういった食材を無駄なく使う知識を持たなきゃいけませんょネ。 


・・・すっごく反省。ご迷惑をおかけします ヤサイサンタチ、スミマセンデシタ。

それと、もうひとつ勉強させていただきました。笑顔


よく、「お客様をおもてなしする。」って言いますょね。


この〝おもてなし〟という言葉の意味です。


「裏表なし」・・・表も裏もない気持ちでお客様を迎える。

また「表なし」=「ウラがある」・・・裏では十分な準備があって、初めて「おもてなし」になる。



う~む、料理もサービス(業)も、奥が深いです。笑3



こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10113503068.html?frm=themeより引用させて頂いております。