竜 巻

昨日、会社に一本の電話がかかって来ました。

受話器を取ると、メッセージ録音(?)で「こちらは東京裁判所です。○月○日、当小法廷で・・・」という、なにやら裁判所から呼び出しのようなお知らせが・・・。

「おいおいお~い! オレ、呼び出されるようなことはしてないゾ!」怒

と、指示通りにプッシュボタン押すと、変なニホンゴ話す、明らかに外国人の女性が「ナンデスカァ~?」と出たものですから、「ハハァ~ン。」と即電話を切りました。

東京地裁のHP開いてみたら、思いっきりそのままの内容の「電話にくれぐれもご注意を!」という警告文がトップに出ていました。

皆さ~ん、身に覚えが有っても無くてもあせあせ、騙されないようにお気をつけ下さいネ!


             (((((((((((((((((((((((((((▼▼

さて5月、日本のプロ野球はもちろん、米メジャーリーグも一段と熱を帯びてきたようです。

ちょうどこれからGW後半に突入するところ・・・朝はMLB、昼・晩にはJBL観戦と、プロ野球ファンには堪らない日々ですネ!笑2

一方で先月29日野茂英雄投手をロイヤルズが解雇・自由契約となった・・・というニュースが小さく報道されました。

日本球界に戻るのかどうか?・・・今後の動向が気になるところですが、実は今日5月2日って、野茂投手が13年前にドジャーズでメジャー初登板・初先発を果たした、MLBファンにとっては記念すべき日なんですょ。


もともとメジャー志向が強かった野茂投手。肩を痛め、また鈴木監督との確執もあった1994年オフ、近鉄球団との複数年契約・代理人制度の導入についての交渉が決裂したため、任意引退扱いで同球団を退団したことがメジャー行きを決定的にしました。

当時の推定年俸1億4,000万円を捨て、翌1995年にドジャーズと年俸僅か980万円でマイナー契約し、渡米することになったのです。

当時のマスコミは日本プロ野球界のエースであった彼のメジャー挑戦を“無謀”、“球界に対する横紙破り”、“自分勝手な行動”等々、厳しく非難しました。彼が渡米する際、殆どのマスコミはこれを無視、大きく報道されることはなかったのです。

現在の有力選手達が笑顔でメジャー球団と高額年俸で契約、華々しく渡米する姿しか知らない若い世代のファンには、俄かに信じ難いことだと思います。



しかしその後彼はオープン戦で好成績を残し、開幕時(※この年はストのため、開幕が4月25日にズレ込みました)にはメジャーに昇格!

そして5月2日、対ジャイアンツ戦にメジャー初登板、5回を無失点に抑えて強烈なデビューを果たしたのです。

マッシー村上投手以来、実に31年ぶり、2人目の日本人投手の登板でした。

このゲーム・・・私は衛星放送で観ながら、手に汗握って彼を応援した記憶があります。


               野茂英雄投手

                   (Sports Navi HPより)


翌月2日にメジャー初勝利を収めた後の野茂投手の活躍は凄まじく、この年の米オールスター戦に日本人として初めて先発の栄誉に浴し、その後 “Nomo Mania” という新語まで生み出しました。

翌年以降、一時的な低迷時期はあったものの、彼の活躍は続き、1996年・2001年と2度のノーヒット・ノーランを達成するなど、メジャー通算123勝(日米通算201勝)をマーク。

あまり知られていませんが、1998年には、日本人メジャーリーガーとして初のホームランも放っているのです。

彼の経歴を追うと、少年の頃から人一倍信念が強いことを窺い知ることができます。

小・中学生の頃、全く無名であった野茂投手は、その頃から既に“トルネード投法”だったとか。高校進学の際複数の有力校のセレクションを受けたものの、その独特の投法を止めようとしない彼を採用するところは皆無だったそうで、結果彼は無名の公立高校に進学することとなります。

甲子園には出場できなかったものの徐々に頭角を現し、その後ノンプロ・新日鉄堺に入社。その1年目にあの“伝家の宝刀”フォークボールを習得してからは一気に日本アマ球界のエースとなり、ソウルオリンピックでは銀メダルを獲得。鳴り物入りで1989年、近鉄にドラフト1位で入団しました。

その後も終始一貫、マスコミの非難や、監督・球団フロントとの軋轢にも屈することなく、己の信ずるまま寡黙に突き進んできた野茂投手・・・。

今後彼がどのような進路を取るのかは分かりません。

しかし・・・。


現在、イチローや松井、松坂などの選手達がアメリカで活躍する姿を楽しむことができるのは、偏に野茂投手が信念を貫き渡米、そして活躍してくれたことにより、メジャー球団に日本人選手の実力を高く評価させたことから始まった・・・この紛れも無い事実を、野茂投手に対し感謝と尊敬の念を以って、私たちは再認識すべきでしょう。



ありがとう! 野茂英雄投手!!


頑張れ! Mr.Tornado!!




                 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10090613170.html?frm=themeより引用させて頂いております。