経 費

え~、遂に私の手元にもアレが届きましたょ、アレが。


そう・・・ 〝ねんきん特別便〟です。


今の時期に届く人はあまり問題がないらしいんですけど、それでもあんまり気持ちのいいもんじゃないですね。 もっとも、コレが届かない方がもっとマズいらしいですが・・・。冷や汗

           ねんきん特別便


少々ドキドキしながら開封してみると・・・。

3色(?)刷りの書類が思いの外何枚も入ってます。

書面には、過去の年金加入記録が記載されており、それが事実と合致しているかどうかの確認書を返送するわけですが・・・。

自分の加入履歴を見ると、サラリーマンを辞めたり、会社を立ち上げた時の年月日が記されてあります。

「あ~、そうだったなぁ。もうそんなに経っちゃったかなぁ・・・。」

しばしその時々の思い出に浸ってしまいました。笑3


・・・幸運にも私の履歴は漏れなく記録されていたようです。


しかし、ふと思ったんですが・・・。

この特別便、全部で約5,000万件発送するらしいのですが・・・普通郵便でコレ発送したら90円くらいかかるはずですし、返信封筒が80円として1通あたり170円。


郵送費用だけで約85億円(!)かかる計算です。驚き顔 ウヘ~!

そりゃあ、これだけの分量ですから、日本郵便さんも多少割引するのかも(?)しれませんが、それにしたって郵送費以外にも印刷費や人件費等々合わせたら、物凄い金額ですょね。

この費用・・・一体何処から拠出されているんでしょうか?

よもや、我々の支払った年金費用から出されているとか・・・? この特別便作成・送付財源についての報道って、あったんでしょうか?

もしですょ、例えば銀行でこれと同様のミスが発覚した場合、処理経費を顧客からの預金や支払うべき利息から簡単に拠出したら、それこそ株主代表訴訟モノでしょう。 最低限役員の給与カットとかをするべき事案ですョネ?

然るに社保庁の幹部サンたちは・・・どうなんでしょう。

まぁ、これまでの彼らのカネの使い方は尋常じゃなかったですから、もはや全く「他人の金」の如き感覚なのでしょうか。

ここのところ秋葉原の事件やガソリン値上げ問題に目が行きがちですが、この「年金問題」は全ての国民にとって死活問題です。

たとえ報道されなくても、皆でしっかりと政府の対応を見据えていきましょう!怒り顔


こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10110743409.html?frm=themeより引用させて頂いております。