親 戚 < 下 >

重苦しい空気の中、書類を片付け始めて十数秒たったところでしょうか・・・それまで暫く黙っていた一番上のご義兄様がおもむろにお義姉様に向かって口を開きました。


「おいオマエ、いい加減にしろょ。今から別の葬儀社なんて、オマエに探せるのか? それにさっき見た見積金額だって十分安いし・・・。だいたいオマエが葬儀代払うわけじゃないだろう。」


「そりゃ、私が払うわけじゃないわョ。だけど、○▲×■・・・」


と、ここでご次男様が参戦・・・。


「だからな、オマエのそういう◆▽※◎・・・」


「そんなことないわョ! 兄さんだって※●◆△・・・」


(※ここから数分間にわたり、壮絶(?)な兄姉4人の “場外乱闘” が繰り広げられましたが、あまりに過激な内容のため、ここで再現することができません。ご了承下さい。)ご迷惑をおかけします


    * * * (中 略) * * *


「いいわょ、わかったわョ。 じゃ、兄さんの好きにすればいいでしょ!」怒


予想外(失礼)なお身内様からの反旗(?)に、遂にお義姉様は「プイッ」と横を向いてフクれっ面・・・。


一番上のお義兄様は私の方に向き直り、「すまんネ、つまらんところをお見せしちゃって。話は分かりましたから、それでお願いしますワ。妹にはワシから後でよく言っときますから。」とおっしゃって下さいました。


私はそのお言葉を受け、「わかりました。ありがとうございます。それでは先程お話した段取りで精一杯お手伝いさせていただきます。」と申し上げ、一旦片付けた書類を再び取り出して奥様に手渡し、その場を失礼しました。


玄関を出ると、奥様が「ちょっと待って!」と追いかけてこられました。


「本当にありがとうございました。おかげ様で何とか主人の思い通りの葬儀になりそうです。よろしくお願いしますね!」


と、ここで急に小声になった奥様。


「正直、一時はどうなることかと心配しましたけど・・・さっきお義姉さんに『他の葬儀社見つければ?』って言ってくださった時は、ちょっとスッキリしましたワ。」


そう話しかける奥様のお顔は、血の気が戻ったように、心無しか仄かに朱が差しているように見えました。


とりあえず・・・・ホッ。(*´`*


           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その翌日の通夜、そして次の日の告別式と、無宗教式での葬儀は滞りなく終了しました。


参列された約25名の親戚の方々からは、それまでの経緯を知ってか知らずか・・・


「おぉっ、凄いなぁ。 自宅でこんなに綺麗なお花の祭壇で飾ってくれるなんて。」というお褒めのお言葉を口々にいただき、2日前のやり取りなんかどこへやら、お義兄様達も満足そうでした。


ただ、例のお義姉様は遂に2日間、私とは目も合わせてくれませんでしたが・・・。あせあせ


(他のスタッフからの報告によると、お義姉様・・・私の見ていないところで、奥様に何度も「ウチの方じゃこうするの!」とあれこれ口出ししてたみたいです。)うー


告別式の後、ご主人は火葬場で荼毘に付され、(普通の)白いお骨壷に収められてご自宅に帰ってこられました。



その翌日・・・私はある物を持って、再び奥様の元を訪ねました。


「奥様、昨日まで本当にお疲れ様でした。いろいろ大変でしたね。・・・ところで今日は、これをお持ちしました。ご主人に被せていただければ、きっとお喜びになるのでは・・・と思ったものですから。」


と申し上げて私は奥様に、それをお見せしました。(


              キリスト葬 骨覆い


お持ちしたのはキリスト教葬用の「骨覆い」でした。


奥様はこれをご覧になるや否や、私から奪うように手に取られ、祭壇に安置されたご主人の白い骨覆いを外してこれに取替えました。


暫しお骨壷を抱きしめて遺影写真の前に座り込み、「あぁっ、アナタ・・・」と絶句したまま・・・奥様の丸まった背中は、小刻みに震え続けていたのです。



              ・・・・・Amen.




こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10091424745.html?frm=themeより引用させて頂いております。