野菜革命?

“冷凍ギョーザ”事件以来、農薬問題など、『食』についての関心が一段と高まっています。


私も多少(^^;は料理をしますが、「そんなこと言ったって、絶対安全な食品なんてないだろうょ。」なんて、半ばあきらめ気味にスーパーで買い物をしている昨今です。



そんな中、ちょっと面白い会社の存在を知りました。


株式会社みらい(http://www.2004-mirai.co.jp/
)という会社です。


何でもこの会社、今年の春から南極の昭和基地に「植物工場」を納入するそうなんです。


今まで冷凍野菜しか食べられなかった隊員達は、これから自分達で育てた“生野菜”を食べることができるんですって!驚き顔 ビックリ!



この会社の社長、嶋村茂治氏は36歳。子供の頃、自然が色濃く残る武蔵野市に住み、「どこまで近づいたら刺されるか?」と自分の指を蜂に近づけ、刺されても「なぜこの毒袋は動くのだろう?」と痛みに耐えながら観察したという、ファーブル真っ青あせるの天然児だったそうです。



そんな彼が心血を注いで研究を重ね、作り上げたのがその「植物工場」なのだそうです。


完全無農薬で、害虫もつかないシステム(!)なのだとか・・・。

しかも栄養価が高く、味も良いらしいんですょ


私のように、「野菜を洗剤で洗って農薬を落とす」ダメだぁ顔 という手法に抵抗がある人間は、この会社が作った野菜工場を家に設置して、自家生産するしかないのかもしれません。


千葉県松戸市にアンテナショップがあり、そこで植物工場で生育した野菜を販売しているそうですので、お近くにお住まいの方は覗いてみてはいかがでしょう?



一般家庭に早く普及できるよう、若き嶋村社長に期待しましょう!

 笑2 ガンバッテ!

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10073052094.html?frm=themeより引用させて頂いております。