Last Round <1st.>

Aさんは50歳半ばのサラリーマン。


勤務先でも要職を務め、バリバリ働いていたのだが・・・どうも疲れが溜まるようになり、食欲も体重も少しずつ落ちてきていた。


本人は「きっとトシのせいだョ・・・」と行くのを嫌がったのだが、奥様が強引に病院に連れて行き検査させたところ・・・診断は進行性の悪性ガン。余命半年の宣告がA夫妻に下ってしまったのだ。


即入院してから約1ヶ月、Aさんは日々鬱々とベッドで寝るだけの毎日を過ごしていた。


病室に親友のBさんが見舞いに訪れたのはそんな時だった。 


Aさんは、病気で弱った自分を見られたくなかったのか、奥さんには自分の入院を内密にするよう厳しく言い渡していたのだが、さすがに異変に気づいたBさんに詰問され、奥さんも遂に泣きながら事実を明かしたのだった。


「よぉ、A。・・・久しぶりだな。」


「な、なんだオマエ。どうしてここが・・・。」


「バカ野郎。 オマエこそ、どうして黙っていた? 水臭いじゃないかョ!」


「あ、あぁ・・・悪かったナ。」


「でもまぁ、思ったより元気そうで良かったョ。もう死にそうなのかと思って駆けつけてたのにょ、損しちゃったぜ。」


「アホか、誰がそんな簡単に死ぬかい。」


しかしAさんはもちろん、Bさんも診断結果を知っているだけに、これ以上の軽口は叩けず、暫し病室内には重苦しい沈黙が流れるのみ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


奥さんが耐え切れず、「あっ、あみません、お構いもしませんで。 私、下に行って何か飲み物買ってきますね。」と言って病室を出た。


残された2人は暫く黙ったままでしたが、Bさんが重い口を開いた。


「おい、Aよ。・・・オレに何かやれることはないか?」


そう聞かれたAさん、暫し考えてこう答えた。


「・・・・ゴルフがしたい。」


「えっ? だってオマエ、その体じゃ・・・。」


「いや、どうしてもやりたい。やりたくなった。

オマエ、オレの最後のわがままだと思って付き合ってくれョ。 なっ!」


必死に頼むAさんの姿を見て、Bさんは決心しました。


「・・・そうか、分ったょ。先生にオレが頼んでみるょ。

・・・うん、やろう。オマエとは4ヶ月ぶりのラウンドだな。楽しみにしてるゾ。」


「そうか・・・恩に着るょ。」


Bさんはすぐに主治医に相談した。


医師も「そうですか。今ならギリギリ大丈夫でしょう。本人がやりたいことを是非やらせてあげてください。」と了承してくれた。


善は急げ・・・とばかりに、Bさんは2人が共にメンバーであるゴルフ場に電話を入れ、3日後にツーサム(※2人だけ)での予約を取った。


全ての段取りを終え、病室に戻ったBさんは、Aに告げた。


「おい、先生の了解も取ったし、コースも予約したからな。3日後にオマエとサシの勝負だ。朝オマエの自宅に寄って道具一式積んでからここに迎えにくるからな。奥さんに用意するように言っとけョ。」


「・・・わかった。すまんな、わがまま言って。」


「よせょ。そのかわりニギリはいつもの通りだからナ。容赦しねぇゾ!」


「おうょ、望むところだ。」


2人は握手をして、Bさんは病院を後にした。


          夕日


「なんで、こんな急に・・・。

あんなに握力なくなっちゃって、アイツ・・・ゴルフなんてできるのか?」


クルマを運転しながらの帰路・・・涙で視界が曇り、何度も路肩にクルマを停車しなければならないBさんであった。



              ・・・To be continued.

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/warmheart2003/entry-10108185372.html?frm=themeより引用させて頂いております。