ありがとう自衛隊

2011_09/02

ありがとう自衛隊

著者の佐藤正久さんは1960年生まれ、現在参議院議員(自由民主党)

前職は陸上自衛隊(最終階級は1等陸佐)福島県出身。防衛大学校卒業。米陸軍指揮幕僚大学校卒業。

2004年の自衛隊イラク派遣では第一次復興業務支援隊長を務めた方で、ヒゲの隊長としても有名です。

3.11大震災直後から被災地で命を賭けてさまざまな救援活動を続ける自衛隊ですが、テレビや新聞で報道されている内容は自衛隊がやってきた功績の全てを本当に伝えてくれたのか?

誰も立ち入ることができないほどの状況になっていた被災地に、いち早く入り、行方不明者の捜索・救助活動やご遺体の搬送をしたのは誰か?

それは全て自衛隊の仕事だった。

凄い被害状況と瓦礫が除去された状態のビフォー・アフターは報道されても瓦礫を除去する自衛隊の姿があまりにも報道されていないのでは?

「絶望的な状態にあった水没地帯などの被災地に復興の光が差し込む状況に戻すまで、決死の作業にあたっていた自衛隊員の進行形の姿を全国に届けてほしかった」

佐藤さんはそういった想いがあってこの本を書くことに決意したと・・・。

以前より、僕も自衛隊がクローズアップされていないと思っていまいした。

この本を是非読んでください、自衛隊員のことを見直します。

日本を命がけで守ってくれる自衛隊員にもっと敬意を払うべきではないかと改めて思いました。

 

佐藤正久著 ありがとう自衛隊
佐藤正久著 ありがとう自衛隊

1995年に起きた阪神淡路大震災の時には自治体の要請がない限りは自衛隊は動くことができず、被害を大きくした反省から現在では、震度5弱が観測されると、どんな夜中でも悪天候でも情報部隊が自動的に出動し、空からヘリコプター、陸上ではバイクなおで全体像だけでなく細かいところまで状況を把握する体制になっているそうです。

出動まで10分かからないと!!

そして、ヘリからの映像は官邸や防衛庁にリアルタイムで送信されるシステムになっている。

 

佐藤正久氏・絆

直筆のサイン・「絆」・・・・彼らは「全ては被災者のために」という思いで活動している。
 

佐藤正久氏

佐藤正久氏

佐藤正久氏の講演会、腰の低い方で彼の真摯な生き方が伝わってくる講演会だったです。

 

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2011/09/post_1824.html