トヨタ自動車 ル・マン初優勝

2018_06/18

トヨタ自動車 ル・マン初優勝

フランスのサルト県の県庁所在地ル・マン市にあるサルト・サーキットで毎年開催されている『ル・マン24時間レース』

16〜17日にかけて第28回レースが開催され、TOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッドカー2台が念願のワン・ツーフィニッシュを飾った。

トヨタはル・マンに20回挑戦し続けての初優勝

周回記録は388ラップ、走行距離は5,288km

2017年度の記録が367ラップ(5002km)なので21周、距離にして286kmも余分に走ったことになる。

レースコースの変更もあるのかもしれませんが、それだけ車のポテンシャルが上がっているのでしょうね。

前回の日本車の総合優勝は1991年のチャージマツダ787Bなので実に27年ぶりとなります。

優勝おめでとう〜!!

写真はTOYOTA GAZOO Racing HPより

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2018/06/%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%80%80%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%b3%e5%88%9d%e5%84%aa%e5%8b%9d.html