レクサス(LEXUS)LFA

2012_10/15

レクサス(LEXUS)LFA

ある展示会に出店されていた軽量化対策された「レクサスLFA」

その対策の中に、当社の得意とする溶射加工がこのレクサスエンジンのシリンダー内面に使われているという説明書きを発見!!

このような時代の先取りをするようなコンセプトカーに溶射加工が使われること本当に嬉しいです

溶射とは色んな材料を瞬間的に溶(溶)かして、吹き付ける(射)こと。

吹き付ける材料はファインセラミックとか超硬、金属、非金属など色んな種類の材料があり、目的にあった材料を使用します。

ちなみに機械が動いている会社がお客様になり得えるので業種業態は関係ありません(^_^)

主に機械部品が摩耗すること製品寸法ムラが出るような場合などの摩耗対策(耐摩耗)に使われることが多いかな?

ちなみに新品にも再生品にも溶射加工できます(^_^)

 
レクサス(LEXUS)LFA
エンジン・シリンダボアへのアーク溶射加工されたレクサス(LEXUS)LFA
 
LEXUSLFA軽量化コンセプト
LEXUSLFA軽量化コンセプト
将来の量産化を視野に入れた軽量化技術の開発
・シリンダボアのアーク溶射・チタンコネクティングロッド・チタンバルブ
・PC樹脂ガラスクォータウインドウ・PS樹脂ガラスパーティション
・CFRPキャビン・CFRPルーフ及びフード
・SMCパネル・SMC/アルミハイブリッドドア
・CCMブレーキ
 
 
レクサス(LEXUS)LFA
レクサス(LEXUS)LFA
 
レクサス(LEXUS)LFA
レクサス(LEXUS)LFA
 

 

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2012/10/lexuslfa.html