不思議なご縁

2012_04/24

不思議なご縁

2005年5月、北海道にあるK大学の○俣先生まで会いに行ったことがあります。

それは、先生が弊社が得意とする表面処理被膜の研究をされていて、とても興味ある論文を発表していました。

面会後、先生の指導で皮膜材料製造装置を作らせている地元にある○本鉄工所に一緒に訪問し、

社長さんとお会いし、製造装置も見せてもらいました。

ちなみにこの製造装置、2007年度に特許出願。

話しは変わって、○俣先生にお会いしてから4年後の2009年12月、

静岡市内に本社があるA社の3人の方が会社見学に来てくれました。

後で分かったことですが、この3人の中のIさん。

Iさんが卒業した大学が、(僕が訪問した)K大学で、

(僕がお会いした)H先生の研究室で卒研に取り組んでいたことが判明!(^^ゞ

しかも、卒業後は(僕が訪問した)○本鉄工所に入社し、

(僕が見た)被膜料製造装置の開発を担当していたと・・・・・。

このIさんとはひょっとしたらK鉄工所工場内ですれ違っていたかも知れません(^^ゞ

こういう偶然ってあるんですねぇ(^^)

・・・・・・実はまだ残りの話しが!(^^ゞ

このIさん、実は、私のブログにいつもコメントくださる「理系Gさん」なんです(^^)

彼は勤務先が北海道の○本鉄工所からA社に変わっていました。

Gさんと2009年12月に初めてお会いした際、僕がお渡しした点字名刺を見て、直ぐに自分の名刺を点字名刺に。

思ったら、とっても行動が早い方です\(^o^)/

彼とはひょとして赤い糸で結ばれているかも・・・・(^^ゞ

 

理系Gさんと溶射屋
理系Gさん(左)と溶射屋(村田光生)
 

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2012/04/post_2022.html