再溶融処理・炎の舞

2012_02/18

再溶融処理・炎の舞

ニッケルークロム合金粉末を溶射(溶かして吹きつけること)後に合金の溶融温度近くの1050度まで加熱して、材料同士を溶かし合わせる作業の事を再溶融処理といいます。

まるで炎の舞のように見えるので撮影のし甲斐があります\(^o^)/

人気ブログランキング・・・「ポチッ!」としてもらえると嬉しいなぁ(^^)

 

自溶性合金溶射・再溶融処理
自溶性合金溶射・再溶融処理
 

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2012/02/post_1965.html