大久保寛司著「考えてみる」

2015_12/18

大久保寛司著「考えてみる」

大久保さんは、元IBM社員で、CS(顧客満足)部長を最後に51歳で独立。

部長職の時に社長を含め、役員に対して社内研修会をも行ったことがあるそうです。

「言葉だけでは人は変わらないし、心から動かない」

「相手に、どれだけ気づきを与えることができるか」

大久保さんのコーディネートする視察会に出席して数多くの学びを得ました。

氏が書いた書籍やDCD,CDを毎日のように読んだり見たり聞いたりしていますが、その度に反省させられることばかり!

写真の大久保寛司著「考えてみる」・・・出会いに学び、己に問いかけ、心を磨く、須玉の言葉たち・・・もその一つ。

大久保さんの話しを一度でも聞いた方だったら、特に心に響いてくること間違いありません。

本の裏表紙に書かれていた言葉!

最近、自分でわかってきたことがあります。
それは自分がわかっていなかったこと、わかっていないことです。
自分にはまだまだ見えていない、そのような自分がみえてきました。
書きつづったものの多くは、自分に向けた言葉です。
なりたい自分の姿でもあります。
恥ずかしいことですが、これが自分のレベルです。
10年後に振り返ったとき、少しでも進歩向上している自分でありたいと思います。

大久保さんに出会ってから、謙虚に生きていくことの重要性を感じています。

大久保寛司著 考えてみる
大久保寛司著 考えてみる

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2015/12/%e5%a4%a7%e4%b9%85%e4%bf%9d%e5%af%9b%e5%8f%b8%e3%81%95%e3%82%93.html