池井戸潤

2017_11/17

池井戸潤

滅多に小説は読まないのですが、書店なので池井戸淳の本が売っているとつい購入してしまいます。

どの本も読み始めると小説の中にぐいぐいと引き込まれていき、ワクワクしながら読めるのがいいですよね。

つい最近も「アキラとあきら」を読み終え、今は「陸王」を。

最近は、「これがミッドフット法かなぁ、、」なんて思いながら走ったりしています。

池井戸潤 「陸王」 「アキラとあきら」

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2017/11/%e6%b1%a0%e4%ba%95%e6%88%b8%e6%bd%a4.html