直近の短観「業況」「雇用人員」の結果

2019_05/21

直近の短観「業況」「雇用人員」の結果

日銀が発表した2019年3月度の短観(全国企業短期経済観測調査)

数字はD.Iで、「良い」から「悪い」を引いたもの。

下記表から全体的に2018年3月よりも019年3月の数字が悪いし、「先行き」が更に下がっているので今より景気後退するのは間違いない。

下の図の「雇用人員判断」の2019年3月の「最近」と「先行き」の両方とも全てマイナスになっているので、全産業で人手不足状態となっているのが数字からも判断することができます。

業況 2018年12月調査 2019年3月調査
最近 先行き 最近 変化幅 先行き 変化幅
製造業 16 11 7 -9 2 -5
非製造業 15 10 15 0 9 -6
全産業 16 10 12 -4 7 -5

短観「雇用人員判断」

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2019/05/%e7%9f%ad%e8%a6%b3%e3%80%8c%e9%9b%87%e7%94%a8%e4%ba%ba%e5%93%a1%e3%80%8d.html