道経一体”の経営で永続への道を切り拓く

2019_05/25

道経一体”の経営で永続への道を切り拓く

昨日記事にした日本道経会。

公益財団法人モラロジー研究所ならびに廣池学園の創立者・廣池千九郎法学博士は、大正から昭和初期において、「経済面のみを考えて経営するの ではなく、道徳面も共に大切にすることで、安心と幸福な生活、企業の永続と繁栄は得られる」とする道徳経済一体(道経一 体)思想を提唱しました。

昨日、記事にした日本道経会は「道経一体経営」を目指し、「社徳」を高めることに努力している企業ですが、全国800社以上の会員の中で下記5社が「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」を受章しています。

3回  2013年 審査委員会特別賞 (株)さんびる
4回  2014年 実行委員長賞:LFC(株)
5回  2015年 実行委員長賞:日本植生(株)
第9回  2019年 審査委員会特別賞 (株)八天堂
第9回  2019年 審査委員会特別賞 佐藤薬品工業(株)

一般社団法人「日本道経会」

この記事をシェアする

引用元はこちらです。https://www.murata-brg.co.jp/weblog/2019/05/%e9%81%93%e7%b5%8c%e4%b8%80%e4%bd%93%e3%81%ae%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%a7%e6%b0%b8%e7%b6%9a%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93%e3%82%92%e5%88%87%e3%82%8a%e6%8b%93%e3%81%8f.html