ピカピカのキハ

やっぱり看板娘はこうじゃなくちゃね。

きれいにしてもらって誇らしげです。


▲吉田智和さん撮影

沿線にはどこも撮影する人が多かったようです。


▲渡辺新悟さん撮影

皆さん分かっているでしょうけど再確認です。

乗らなくてもよいですけど、撮影に来たら
・いすみ鉄道で記念乗車券を買うなど、何らかの形で鉄道にお金を落とすこと。
・沿線地域でご飯を食べるなど、地域にお金を落とすこと。
・その際にお店の人や地域の人たちに、
1)いすみ鉄道の沿線の景色は素晴らしいこと。
2)キハが走っているからいすみ鉄道に来たこと。
3)いまどきキハは国宝級に貴重な車両であること。
以上3点を相手にきちんと聞こえるように言いましょう。

そうすることが、キハを長生きさせる秘訣です。

つまりどういうことかと言うと、
1)キハが走るから沿線の景色が引き立っている。
2)キハが走らなければいすみ鉄道には誰も来ない。
3)お金をかけてSLやるよりもキハの方がはるかに効果的である。
ということですね。

なにしろ物の価値が理解できない人が多いですから。
みんなチコちゃんに叱られる人ばかりです。
そろそろじわりじわりと数字にも表れてきているころですし。

ということで本日のYAHOOニュース。

令和の時代の昭和路線。いすみ鉄道のキハ52がきれいになりました。

どうぞご一読ください。

引用元について:
こちらの記事はhttps://www.torizuka.club/2019/06/16/%e3%83%94%e3%82%ab%e3%83%94%e3%82%ab%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%8f/より引用させて頂いております。