小西米プロジェクト The Odyssey-22 鯉の里は米の郷

e0398115_16102733.jpg
1番池の最初の網入れです。新調なった網で引き絞り中です慎重に、あくまでそっとです
4万匹入っているらしいですが、果たしてどれ位いるかな?

e0398115_16351284.jpg
孔雀、孔雀・・この下に悪い奴がわんさか居るのです。餌泥棒で稚魚をバカスカ食べる
其の正体は・・・
e0398115_16443798.jpg
1回目の段階で先ず、此れだけじゃなくて、網の底にうじゃうじゃと居ましたね
一つの池で1回目からこれじゃ、先が思いやられます。本当に亀と並んで厄介其の物
e0398115_16571743.jpg
ピンシャンの網ですから、しなりが未だ無くて、引き自体かなり苦労したましたね
手網でバケツに入れ込みますが、群れの底にあれ程ザリガニが居たとは・・

e0398115_17055990.jpg
水槽車に酸素を注入して様子見です。栗栖養魚長曰く、随分と食べられたりして全体数も少ないし

良個体がもう少し欲しかったとの事だそうです。当たり前ですが、私には個体識別以前の話で

どれが良いのやら、そうでないのはどれなのか?の瞬間です

e0398115_17162683.jpg
このネット展張工事が、ビシッと決め込まない事には、現在待機中の仔魚が

池入れ出来ませんから、丁寧な作業とスピ-ドが求められます

e0398115_17212683.jpg
赤いTシャツの彼は、本日から新人研修で、其れも初めての池上げ研修作業

巨漢のO君は嬉しい事に生き物好き、魚好き、だから目線がおどおどしてない
頑張ろうぜ!現場は最高だよ


王地株式会社 IR
7月17日付
王地株式会社 代表取締役会長
栗末茂雄で御座います
本日は、池上げの準備が整いまして
令和元年第1巡目の、稚魚池引上げです
1番から3番までを池上げする予定でしたが
結局1番、2番の稚魚の
移動ストレスによるコンディション変化を回避すべく
3番以降は明日からに持ち越し
良くあるんです
何処までも稚魚ですから、ストレスには滅法弱いのです
処で
新調相成った引き網のデビュ-とかで
固さに始まり色々癖があるそうです
卸したては、何でも大なり小なり在るもんです
今回10番迄在る中で、1番から8番迄は品種が孔雀だそうです
さて
網入れ1回目・・エエッ・・
何でこんなに沢山居るの?
亀じゃないんです
一つの池で、こんなに居た事はなかったのに
其の正体は、アメリカザリガニ
サイズもやたらとデカい・・
その数10匹以上・・
あんまり多いので、途中から数えるのを止めました
亀と並んで餌泥棒、大飯喰らいの厄介者
此れじゃ錦鯉の小西じゃなくてザリガニの小西です・・嗚呼

子ども達は夏休みでもあるし三篠ショ-ル-ムの前で
分けてあげてもどうかな?結構大きなサイズが居ましたからね
そりゃ、餌はべらぼうに良いし稚魚は食べ放題、大きくなりますよ
肝心の
引き上げ個数は、稚魚を入れた時点から3分の1辺りか
サイズについては、何故だか巨大なものも居ますが平均して上々
クオリティについては、栗栖養魚長がざっと見て
良個体が少な目の印象を持たれてました
池上げは今日から始まったばかり
3番池以降でどんなサプライズが在る事やら
大いに期待しましょう
稚魚池の向こうでは
令和元年新池の、防鳥ネット展張工事が急ピッチ
種類の異なる仕事が、一つのエリアで繰り広げられる
現場が廻れば
グングン勢いがつきますね
3号池からの明日はどうかな?
明日は亀の日だったりして・・・
どうかそれだけは御勘弁を
では



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://konishimai.exblog.jp/28467767