MSA資金の活用についていかにわかりやすく説明できるか。


MSA資金についての説明を日々行っておりますが、この案件をどのように説明すれば、わかりやすく伝わるかを考えています。

歴史的には、随分長い間行われている案件になりますが、長い歴史の間で、MSA資金の制度も随分変化してきています。
基本的には、資金提供する分の財源と再度運用するための財源を分けて資金提供することで、使用分に関してはすぐに受託者に資金提供し、別枠で運用用の財源も確保して、欧州の金融市場などで再度、資金を運用にかけて、MSA資金の基金に資金を戻すということを行いながら財源を確保しながら資金提供しています。
実にうまく考えた制度であり、大きな資金を調達することが可能になります。
どうすれば、この制度を根付かせることができるか、試行錯誤しながら説明する日々です。



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://msa1.exblog.jp/29531945