ある婚活男子からのご相談に同情した話

本日で7月が終わり明日から8月です
お盆過ぎたらアッという間に9月、、、
既に、4ケ月で今年も終わり、、、ぐらいの
時間感覚を持つ人達でなければクリスマス迄のご成婚は難しいと思います
さて、つい先日のこと
ある非会員男子からご連絡があり
「どーしても相談に乗って欲しい!!」
と、強く依頼されました
彼は大手さんで活動中、
トーゼンのことですが、
弊社の会員では無い限り、交際中の個人的相談にはのってません
相談に乗るのもメッチャ筋違いな訳です(笑)
しかし、とても粘り強く(言い方変えると、シツコかったので(笑)
もー、何か言わないと諦めないだろーなと
思って少しだけお話しました
彼が連絡された中の文章には
担当カウンセラーさんも精一杯相談にのってくれてるとは思いますが、私のお相手の事を把握しているわけでは無く、のれる相談も限界がある感じでした。」

とありました





こんなことを聞くのは日常茶飯事です




なぜなら、大手さんの担当者は
経営者が自ら結婚カウンセラーや仲人になっている訳ではなく

シフト制、かつ非常に流動的



離職率がとても高く、入社しては辞め
辞めては、新規募集をして
一から研修を受けるを繰り返しているのです




募集する会社側も、「プロの結婚カウンセラー」という素質を見ているヒマはなく



未経験の主婦でも採用する他ないのです


そのような人達が大量に雇われて
「結婚カウンセラーです」
と名乗ってるのが実情です





その他、どのような採用方法があるでしょう?

どう考えても、他の選択肢は無いんです





だから、大手さんで婚活やってる方々からのご相談が圧倒的に多くなる



過去から弊社にご相談があったり
移籍されたりした80%は大手さん所属の男女でした






彼の場合も同様に
自分の担当者には限界があるので
私に相談に乗って欲しい!というご要望でした







切羽詰まった感があり、

しかし、自分の担当者では解決出来ない
という状況に同情してしまいました




そして、彼の「婚活偏差値」にも同情しました





毎回様々なセミナーを受けているKOKO男女とは
まるっきり違って、
婚活のことを全く分からないまま
私のYouTubeだけを頼りに
素人に毛が生えたような担当者のもと婚活してることに同情しましたが、





誰も責められません



大手さんを選んだのは、他の誰でもなく
彼自身なんですから、、、







このような人達がフンワリした頭で相手を選んでいるから
ソリャ〜〜、破談にも離婚にもなる人達が増えて
トーゼンだなと。。。







婚活KOKOのポリシーとは
まるっきり違う所で婚活してる人達は
自分の見る目に自信なければ
メッチャ危険だなあ〜〜
まぁ、動画を見て
どんな相談だったかご覧下さい

こちらをクリックしてご覧下さい
⬇︎


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/kon-koko/entry-12499848435.html