棗(なつめ)の有用性を調べてみた

d0386356_14381905.jpg
中国では
棗(なつめ)のお菓子を
よく見かけます。
僕も良く
お土産として頂くのですが
棗を含む
中国の「食」には
本草綱目という
歴史的なナレッジが
詰まっています。
※最近あまり聞きませんが
先日もお土産でE Jiao Zaoと記載の
棗を頂きました。
d0386356_14385387.jpg
d0386356_14390190.jpg
まぁ、中国語を見ても
分かりませんよね(笑)
棗の栄養素について
少し記載しておきたいのと、
最後に僕の個人的な注目点を
載せておきたいと思います。

中国では昔から冷えやむくみ、女性特有の疾患などに有効とされ重宝されていきました。中国では1日に3粒食べれば老い知らずといわれるほどアンチエイジングにも効果があるとされ、現在も言い伝えられています。日本でも漢方の中に棗が入っているものもあります。

具体的にどんな効果が
あるのでしょうか。

1.ストレス軽減・精神安定
乾燥なつめに多く含まれるパントテン酸は、精神安定やストレスを軽減する効果があるとされています。抗炎症作用や抗ストレス作用などをつかさどる、副腎皮質ホルモンを作り出すサポートをしているのがパントテン酸になります。基本的に、パントテン酸は体内で合成されるため普通の生活をしていて不足する事は無いのですが、アルコールやカフェインをよくとる人はパントテン酸の消費が多い為不足がちといわれています。
また、オレイン酸アミド(オレアミド)という成分も含まれており、気分障害の改善や睡眠導入を促進する効果もあります。この成分はうつ病や不眠症などの、精神病治療薬として使うための候補として現在も研究されています。パントテン酸とタッグを組むことでより強い効果が期待できるので、医療現場からも注目を浴びている成分です。

2.アンチエイジング(抗酸化)
美肌維持に必須なビタミンC、老廃物を排出させる食物繊維をはじめ老化防止に役立つ抗酸化作用をもった成分がふくまれています。シミやシワの原因になる活性酸素を抑制してくれるのが抗酸化作用になりますから、アンチエイジングにとても効果的といえます。また老化を防止するだけではなく、ビタミンCはコラーゲンを生成するサポートを行います。ハリのある肌を維持することも可能というわけですね。

3.貧血予防
鉄分と、血液を作り出す葉酸が含まれています。葉酸は水溶性ビタミンで、赤血球を作り出すのに欠かせない成分です。鉄分の吸収をよくする効果もあり、貧血や鉄欠乏症に効果があるとされています。乾燥なつめを食べるだけで二つの相乗効果をえられるので、鉄分が不足しがちな方や妊婦になる予定の方にオススメです。

4.肥満予防・ダイエット効果
サポニンという成分がコレステロールや中性脂肪を抑制する効果や、脂肪とブドウ糖が引っ付かないように働きかけるので脂肪が蓄積されるのを抑制する効果があり、自然と太りにくい体へと導いてくれます。また、パンテトン酸にも代謝を高める効果があるため、脂肪燃焼にも期待が持てます。乾燥なつめは食物繊維も含んでいますから、老廃物を排出させることで気になる下っ腹もスッキリしてくるので、ダイエットにも効果的です。

また、医学的な論文を
かなりの量、読み込んでますが、
本当に面白い効果が散見されますので
ご参考まで。

ラットレベルでは、善玉コレステロールの増加が認められる。動脈硬化や糖尿病を防ぐアディポネクチンの増加と関連していると思われる。血糖の急激な上昇を抑えるため、高脂血症や糖尿病患者への処方に有効である。高血糖症、高脂血症および過酸化脂質を減少させた。その上、肝臓と腎臓機能に対しても安全であることが確認された。

フラボノイドとサポニンは鎮静作用と催眠作用の効果を示し、マウスの歩行時間と協調運動能力の減少を引き起こし、睡眠時間を延長した。また、不安を軽減し、睡眠を誘発する中枢神経系の活動を抑制することが分かっている。睡眠を引き起こすことがわかったが、抗けいれん薬や筋弛緩薬とは異なる。

異なる種類のフラボノイドの中で、ケンフェロール3-O-ルチノシドは酸化傷害および凝集防止に対して神経保護活性を有していた。ケルセチン3-O-ルチノシドは抗Aβ凝集作用を有することが示された。 ( – ) – カテキンおよび( – ) – エピカテキンの両方が、Aβ凝集の阻害およびAβ誘発毒性を示した。さらに、ケンペロール3 − O−ルチノシドは、永久巣状脳虚血および神経細胞培養に対して、ならびに多発性梗塞痴呆モデルラットにおいて記憶機能障害、エネルギー代謝不全、および酸化ストレスの軽減において保護効果を示した。

いやぁ、凄いですね。
毎日、1個ずつ食べることにしましょう(笑)
特に論文の中から拾った効果中、
赤字下線部については
本当に面白いです。
少し専門的になりますが
Aβ凝集の阻害というのは
認知症の予防効果がある、
ということです。
まだまだ
食の中には
宝が埋まっていますよ。
<参考文献>
また新しい情報が得られましたら
アップデートします。
更新を通知する



#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://kazumaaaa.exblog.jp/27714725