ビビる必要なんて無い〜縛られるな〜

本日は1年以上ぶりに専門時代の友人であるJ君が立ち寄ってくれて、沢山のシュークリームたちをいただきましたおねがい

J君、有難う‼️ラブ
皆んなでいただきます照れ
そんなJ君のちょっとした仕事の悩み話をしていました。
変に歴史のある企業ほど型が出来ていて、派閥やくだらないしがらみがあったりします。
J君のところもそんな感じだそう。
好き勝手する上司に対して言いたいことがあるのに、
怖がって誰も何も言えず、自分も我慢の限界に近いと。
やる事をしっかりやっているなら、社内で若手のJ君が言ってみようぜ!という話をしていました。
本人からすれば、働きづらくなるのが怖くて何も言えないかもですが、このご時世働こうと思えばいくらでも仕事は変われるし、仕事を辞めても働きづらくなっても死ぬワケじゃありません。
ビビる必要なんて何もないし、
むしろ重要な人材を失うかもしれないという危機感が企業側には生まれるでしょう。
「皆んなが〇〇だから」
「波風立てるとやりにくいから」
そんなくだらないコトに縛られるのはナンセンス。
やる事をしっかりやって、自分に信念があるなら、
堂々と意見することが出来るはず。
1度きりの人生、自分の人生、
縛られる人生か、自分らしく生きる人生か、
選ぶのは自分次第。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/fk-kobayashi/entry-12501574893.html