わたしか、わたし以外か。これは最強のビジネス書だった

久々に、読んだ後スカッとするビジネス書(?)に出会いました。

 

「俺か、俺以外か」

 

 

わたしは、自分自身が本を出版するまでは、小説しか読んだことがありませんでした。

実用書というものを読んだことがなかったのです。

 

が、思考を鍛えるために読んだ本で、いまも繰り返し読むほど好きになったのはマルコム・グラッドウェル。

 

今日ご紹介するこちらも、エンターテイメントとしても最高の1冊。

ぜひ、みなさんにも読んでいただきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このご時世、

 

ゆるーくて大丈夫。

好きなことを、好きな時だけ、あんまりがんばらなくても、願えば叶うから。

 

 

さすがに最近はなりを潜めましたが、

 

お金も、ついちょっと前までは、使えば入ってくる。とか。

ブロックを外せば入ってくるとかね。

 

年齢分のお札を長財布に入れておけばお金が入ってくる、みたいな。

 

 

そっか、そんなに簡単だったんだ。

と思わせてくれる魔法の言葉にブログ界は満ち満ちていました。

 

 

そうだったらいいですね〜。

そう信じたい。 

 

でも、わたし自身は

もう少し暑苦しい思いもしたし、

ジタバタもしたし、

ガンバルところはがんばり、

思うようにいかない経験もしたので

どうしても、疑ってしまう。

 

 

 

が、そこにガツンと爽快にカツを入れてくれたのがこの本なんです。

 

久々にスカッとしたのですよ。

 

ゆるくないし、

キリッと自分を律して

限界に挑む人。

 

 

ローランドさん。

 

みなさんの多くもご存知だと思います。

 

 

中学生の頃、お父さんにバーに呼び出されたそうです。

そこでお父さん、ジュースを飲む彼にこう言ったそうです。

 

「男に生まれた幸せってなんだと思う?」

お父さんはこう聞いたそうです。

 

「う〜んいい車に乗ること?」

ローランドさんはありていの返事をしました。

 

「違う。惚れた女に振り回されることだ」

お父さんはこうきっぱり言ったそうです。笑

 

家では、お母さんがドアノブに触るところを見たことがないそうです。

常にレディファーストで、お父さんがドアは開けていたからです。

 

そんな家庭で育ったんですね。

 

そうそう、お父さんという方は、とても有名なギタリストでいらっしゃるんですね。

 

 

 

 

 

 

そのローランドさんは、読めば読むほど世界基準に照準している!

 

というか、数少ない世界で通用する器の方だと思いました。

 

バリバリのサッカー少年から歌舞伎町のホストに転身し、帝王と呼ばれた男。

 

今日は、ニューヨーク目線も入れてローランドさんから学べることをリストアップしておきます。

 

 

 

 

ホストなのにお酒を飲まないで接客をする

 

彼にとっては夜の接客が仕事です。

でも、普通、仕事中、お酒を飲むということは世界基準ではありえません。

たとえ夜の世界でもローランドさんは徹底しています。仕事中、お酒は飲まない。そういう意味では、もうプロ中のプロですね。

 

 

売り掛け商売をしない

 

売掛とは、お買い上げいただいたものは先にお渡しし、あとでお金は回収する、昔ながらのご贔屓さんだけに許していた信用取引です。これ、水商売には当たり前のように付いて回ったビジネスのやり方です。

 

でも、これで彼は見事300万円払ってもらえなかった経験をし、売掛はしない、すべて明瞭会計と決めたそうです。

これも、世界基準では当然ですが、最初は相当に大変だったと思います。

 

 

毎朝1時間の筋トレを欠かさない

 

体が資本だということを知っていて、どんなに疲れても朝は1時間筋トレ中心のワークアウトで体を鍛えます。

昨年の自分と競っているそうです。元がサッカー少年だった方です。体を鍛えるのは、人生の一部なんでしょうね。

世界基準でもこれはもう、いうまでないですよね。

 

 

食べているシーンを見せない

 

これなんです。

すごいなと思ったのは。

食べるシーンって実は人間の本性が一番出るものなんです。

育ちも性格もマナーも全部出る。

だから食べながらのシーンが一番難しいと、ある大物俳優さんがおっしゃっていたのが納得です。

 

わたしの実家では、家にお客様がいらっしゃると、坪ノ内と呼んでいた中庭が見える一番いいお部屋で、普段は使っていない螺鈿のテーブルを出してきてそこで家長である父だけがお相手をしてお食事をしていただいていました。

 

子供たちは挨拶に行くだけ。そう食事を一緒にするのは相当にプライベートなものなのです。

 

そんな習慣があるので、大人になっても、デートで食事を一緒にするには、よほど心を許していないとできませんでした。

 

瞬時に相手も自分も育ちをさらけ出してしまう。

だからこそ、よくこぼすわたしはもうね、一緒に食事をするのは緊張するんですよ。

 

ローランドさん、ご自身のイメージをものすごく本気で構築しようとされてますね。

 

唯一例外で、撮影で食事のシーンを許しているのは海外の雰囲気のいい一流レストランのみだそうです。

 

 

コンビニに行かない

 

これもイメージ的に自分の目指すエレガンスとは相入れないからです。

やはりプライベートでもこのぐらい徹底する必要があるということです。

 

 

きれい好き

 

家の中がごちゃごちゃしているのが好きでない。

クローゼットのハンガーはみんな同じ種類のもので同じ方向を向いてないといや、というのはわたし、もう膝を叩きすぎて痛かったです。彼なら大切な服に、自分でスティーマーをかけているかもしれませんね。笑

 

 

 

下の人間をとても大切に育てる

 

ある動画で、経営されているお店のテーブルを新たに発注するシーンがありました。

最高級のものを妥協せず選んでいらっしゃいました。

 

その心は。。。

お客様に最高の空間で楽しんでいただきたい、もあるけれど。

 

従業員たちに、「店が汚いからいい成績が出せない」という言い訳を封じ込めるためだそう。

最高の空間を提供するから、思う存分稼いで欲しい、という意味で。

 

 

他にもローランドさんが、VIPのお客様とゴルフか何かの帰り、車で渋滞にハマった時。

動かないハイウェイで彼がなんと言ったか。

 

また、女の子に

「ローランドが大好き!」

と言われて彼はどう答えるか。

 

是非是非読んでみてくださいませ。

もう座布団100枚のお答えでした〜。

 

 

ちなみに、オバマさんは、付き合っていた彼女に、

「バラク、あなたが大好き」

と言われて

「Thank you」と言ったとか。笑

 

こちらは、違うよ、それ、と突っ込みたくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rish NYSHOP NOW】

菜々緒さんも愛用されているピアス

一粒パールがスターリングシルバーにこぼれそうに止まっているデザインです。

https://rishny.com/SHOP/at-s17-13.html

 

 

Rish NY8月13日正午再入荷!】

一生もの本物顔のトラベルジュエリー

おへそまであるロングネックレスです。

スターリングシルバー925に14金ホワイトゴールドをフィルドしています。

NYの宝石屋さんが本物のダイヤモンドと同じ要領でセットしています。

ダイヤの代わりに硬度も屈折度もダイヤモンドとほぼ同じキュービックを使用。

https://rishny.com/SHOP/my-s14-05.html

 

https://rishny.com/SHOP/my-s18-03.html

ピアスは落としやすいアクセサリーです。涙

だからこそ、ダイヤの代わりにキュービックを。

 その代わり台は14金ホワイトゴールド。

アレルギーのある方も安心して身につけられます。

NYの宝石屋さんがダイヤモンドのスタッドピアスを作るセッティングで作りました。

ダイヤモンドの代わりに0.5カラット相当のキュービックを使用。

 

左は個人所有の田崎真珠のリング。

0.5カラットのダイヤモンドと違いがわからないほど。

爪の部分も全く違いがありません。

 

 

 

最初から10%OFFで新発売

https://rishny.com/SHOP/list.php?Search=ca-s19

大人気で即完売したトップの色違い。このお値段には思えない逸品です。

黒字のミントグリーンのドットが初秋まで着られるプリント

肌にひんやりマット感が心地よいお値段以上の名品涼しげなミントグリーン

 

 

 

訳あり2点!

使い方自在のパレオ

目を凝らさないとわからない程度の傷があります。

 

 
 

 

https://rishny.com/SHOP/pp-s19-06-1.html

 

 

わたしに知らせる形でフォローくださりありがとうございます。こちらからもお邪魔できる両側通行の関係、とても嬉しく思います!

フォローしてね…

 

インスタグラム Rish NY Instagram

たくさんの方にフォローいただいて励みになっています。

NYのライフスタイルを母&娘(大学生)でプライベートにご紹介しています。    
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^  

  

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください          
  Rish NY Facebook  ⬅Click♡          
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!       

       

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター          
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。          
登録はこちらからどうぞ          
         

ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇        

        

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

 

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/rumicommon/entry-12503080592.html