【太陽の話】仕事も結婚も夫も上司もママ友もSNSも。悩んでいるなら太陽を意識しよう! 

今日は「太陽」が本来の座である「獅子座」を運行しているので

「太陽」のエネルギーを意識して人生を発展させる。

そんな観点で解説していきます。

◆西洋占星術における10天体

西洋占星術では

太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星

天王星・海王星・冥王星

の「10天体」がそれぞれ何座かを見ていきます。

10天体は

「人間の中にある10種類のエネルギーであり欲求」です。

「太陽」は人生を輝かせたい!という欲求。

「月」は安心安全にリラックスしたい!という欲求。

というように。

じゃあ

どういう風に人生を輝かせたいの?

どういう風にリラックスしたいの?

「どういう風に」その天体の欲求を満たしたいのか?

を見ていくときに

その天体が「12星座のうちの何座であるか」で読み解きます。

◆ほともこの太陽星座を読みとく 

たとえばわたしは「太陽」が「蠍座」。

蠍座的に生きたい!人生を輝かせたい!

という欲求をもって生きています。

蠍座なら・水の不動宮で「愛情の維持」。

具体的には

心を決めた対象に一体化をして

簡単に得られないものを手にして

1人では得られない力を付け生まれ変わりたい。

普段12星座占いで蠍座に当たる方は

そういう生き方をしたい!

ということなのです。

蠍座は「あちらとこちらの境界を超えること」

全般を象徴するので

そういうところから、

深層心理、霊的世界、性、融資や遺産などのお金

を象徴します。

私の今までのキャリアも

・一般企業の人事部(全社員の給与明細がみられる立場)

・信販会社のクレーム対応(借金と深い感情を扱う)

・HIV/AIDS予防啓発NPOでボランティアとして性教育

・占い師

など、一見どれも関係なさそうに見えて

「蠍座」が象徴するテーマでつながっているのが

わかるでしょうか。

◆太陽のエネルギーを解剖する 

そして「太陽」を満たす生き方とは

「エゴ」を肯定する生き方なのです。

今までのものに違和感を感じている。

もうご自身の本心をごまかせなくなっているなら。

「エゴ」を肯定し

ご自身を満たす生き方をしていくときなのです。

占星術における「太陽」は

人生の輝かせ方

すなわち人生の目的や意志

公的な生き方であり

人物ならば「父」と「夫」を象徴します。 

つまりそれは

「父」が社会的にどうだったかを参考にして

自分の公的な人生の歩み方を決めるからで

女性ならば結婚後は「夫」に投影されます。 

10天体にはそのエネルギーを

開発する年齢域がありますが 

「太陽」の性質を開発する年齢域は

26~35歳。 

昔なら、太陽の年齢域に入る前の25歳頃に

寿退社をして専業主婦になる人が多く

自分の「太陽」のエネルギーを夫、

ときには子供にも投影して

使っている人が多かったんですが 

実は、これが夫婦仲や親子関係が

上手くいかない一因。 

どんなに愛していようと

夫も子供も他人。 

自分が社会的にやりたいことと

夫や子供のそれは違います。 

自分が、やりたいことをやる。

自分が、社会的に成し遂げたいことをやる。 

これしなければ、自分以外の身近な存在に

自己実現を変わりにしてもらおうとして

思い通りにならないことが不満となるのです。 

また男性上司とうまくいかないときも

目上の男性に父親を投影して

父親との関係を上司との関係で繰り返している

ということもあります。

だから、ご自身の太陽を最大限に発揮するには

父親との関係のわだかまりを

解放する必要もあります。

◆太陽のエネルギーが自らつかえないと

また、自ら「太陽」エネルギーを使えないと

エネルギーの行き場をうしない

他者意向を気にして弱気で依存的になったり

「嫉妬」「攻撃」などの

ネガティブな出方をします。 

主体的に生きることができず

もしくはリスクを避けて

自ら人生を歩むことを選ばなければ

承認欲求の穴埋めとしての

自分の方が優れているアピールである

「マウント合戦」

になることは容易に想像できますね。

それが、ママ友コミュニティや

PTAの人間関係の難しさとなっているのでしょう。 

「毒親」になるというのも

健全にエネルギーの放出ができず

子供に向かって蝕むというものです。

また、SNSで自分よりも輝いて見える人に

いじわるな言動をする

クソリプをする

そういう方も、ご自身の太陽が生かし切れていない

といえるでしょう。

◆仕事をしても「太陽」が使えているとはいえない

個人セッションで

いろいろな方のお話を伺っていると

女性でフルタイムで働いていても

そして男性であっても

現代社会においては、

「太陽」という「人生を輝かせる」エネルギーを

使えていないことは珍しくありません。  

人生を輝かせ、エゴを満たす生き方は

社会に隷属することを絶対視していれば

できないからです。

ですから、仕事でなくても

「ライフワークをもつ」

これが、太陽を自分で使う生き方となるのです。

◆エゴは生きるために必要!

エゴは心理、スピリチュアル業界で

悪者扱いされますが

現実社会に自己を存在させるには

大切な要素です。

エゴを自分でどう扱えるかが重要なのです。

そして太陽は

「エゴイスティック」なエネルギーそのもの。

つまり、エゴを否定することは

自分自身と人生を否定すること。

ですから、今なにかお辛いことを感じてるなら

目先の損得や世間体や

常識による安心安全の価値を優先して

本心や欲求を否定することは

もうやめましょう。

嫌われない・攻撃されないために

自分を過剰におさえたり

「道化」でいることのメリットって

実体のない恐怖から逃げるため

のものにすぎないのです。 

そんな自分を苦しめるものはとっとと捨てて

本心に従い自分の人生を行きましょう。

欲を認めて、自由になった人から

満たされた人生を送ることができる。

そういう時代にも入っているのです。

◆本能が「絶対」の思い込みを壊す

加えて何度もお伝えしているように

2018年5月から牡牛座に天王星がはいり

肉体感覚が目覚め、快・不快の感覚が鋭敏になり

自分の本心・欲求を認めざるを得ない天体配置が

できています。

先日滝川クリステルさんとご結婚なさった

小泉進次郎さんも結婚の決め手を問われると

「理屈じゃないですね。理屈を超えていて。

絶対結婚という価値観とか考え方はありませんでした。

だけど、その気持ちを溶かしてくれた。

自然とそういう決断をするに至ったことが

まさに理屈を超えているところなのかな。

彼女といる時は、政治という戦場から離れ、

鎧を脱いで、戦うことから解放され、

ふっと力を抜いて、無防備な自分でいることができ、

救われる思いがします」

と本能が求める安らぎや心地よさを

滝川クリステルさんから得られて

価値観が変わり、結婚する

という決断をするにいたったと

仰っていました。

それだけ本能的な「心地よさ」は

思考でがんじがらめになった価値観や

何かを失ったり失敗することへの恐怖を

溶かしていく

というのがこのお二人からもわかります。

ですから、ご自身の中にある欲求や感覚に

うそをつかないで

本心から求めるものを認識して

満たしていく。

ここから人生が大きく変わる可能性があるのです。

今、お辛い状態にあるのなら

こんなことを意識していきましょう。

人目が気になるなら

少しずつ小さなことでよいので

心地よく安心感を得られるものに囲まれて

生きられるよう、環境と関係を整えていきましょう。

そんなあなたを私は応援します。
 

 

 

都内での個人セッションのスケジュールはメールマガジンにて公開中です。

 

メールマガジンでは、最新の星読みや情報をいち早くお届けします。

 

お蔭様で1600名を越える方にご登録いただいております。

※本メールマガジンはバックナンバーを公開しておりません。

 

 

◆ほともこの占星術講座◆対面・Skypeセッション
個人セッション
地方特別セッション
西洋占星術講座 基礎編
個人レッスン
単発講座(季節に応じて)
お客様の声

Facebookページ(流行・社会情勢予測占星術)
メールマガジン(不定期配信)

◆ご予約&お問合せ先 
 本メールフォームよりお申し込みください。 
※執筆やイベント出演、講座依頼など承っております。お気軽にご相談ください。
※24時間経っても返信がない場合は、送信トラブルの可能性がございます。お手数ですが、下記のメールアドレスまで、直接ご連絡くださいませ。(☆を@に変えてお送りください。)
hotomoko17☆gmail.com

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/hotomoko/entry-12505850280.html