たくさん恋愛してますか?

恋愛と仕事は同じこと

 
 
 
 
 
 
今日は昭和の社長シリーズ♪
 
 
 
ちょっとまえに甥っ子が
お世話になっているMさまから
ステキなお店に
ご招待いただきました
 
 
 
お店のオーナーさまは
かなりの先輩でいらっしゃいます
 
 
 
こういう場合は
聞くにかぎります!
(開運行動の聞く、聴く、訊く)
 
 
 
楽しくて、ためになる話を
たくさん聞かせていただきました
そのなかで
一番印象に残っているのは……
 
 
 
たくさん
恋愛をしなさいね
 
真顔キラキラ と、言われたことです
 
 
 
えっ?この年齢で?
と、ビックリしました
 
 
 
そして30年まえに
昭和の社長さんたちに
同じことを言われていたと
思いだしました
 
 
 
たくさん恋愛をする
 
 
 
いったい何の
意味があるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
30年まえには
いっぱい恋愛をする意味は
わかりませんでしたが
 
 
 
いまは、わかります
 
 
 
恋愛……
なかなかに難しいですね
と、いうのは
 
 
 
恋愛って
ひとりじゃできないからです
 
 
 
ひとりでするのは恋
ふたりでするのは恋愛
 
 
 
ときどき?ご相談を受けたり
話しをたまに聞いたりすると
 
 
 
恋に恋してる
人たちが多いですね
 
 
 
ひとりで考えて
ひとりで答えをだして
しまっています
 
 
 
これはこれで楽しいし
誰も傷つけることもなければ
迷惑もかけません
 
 
 
だから恋って楽です
メンドクサイないし怖くもありません
 
 
 
だけど恋愛は違います
ふたりでしなきゃならない
 
 
 
相手とアナタの関係が
あーじゃない、こーじゃないと
楽しかったり大変だったりします
 
 
 
お互いの心、気持ち、
想いが通じあっているときは
楽しいですが
 
 
 
通じあえない
わかりあえない
複雑になってくると
 
 
 
もうメンドクサイですね
 
 
 
ひとりじゃないから
ふたりだから相手がいるから
楽しくてメンドクサイ。
 
 
 
ときには傷つけたり
傷ついたりするのが恋愛
 
 
 
その恋愛を
たくさんしなさい!とは
つまり
 
 
 
人生の先輩たちは
人間関係の機微(きび)
知りなさいと
 
 
 
教えてくださっていた
ワケです
 
 
 
※機微(きび)とは
表面だけではわからない
微妙な心の動きや物事の動き
 
 
 
 
 
 
これは仕事の
人間関係につながっています
 
 
 
仕事もひとりじゃできない!
相手がいてこそです
 
 
 
恋愛上手は仕事上手
 
 
 
恋愛も仕事も
人と人との間で行われています
 
 
 
相手がいてアナタがいて
恋愛も仕事も成り立っています
 
 
 
どこまで相手を
想うことができるのか?
 
 
 
恋と愛は違うし
思うと想うは違うし
その違いのなかに
 
 
 
恋愛も仕事も
大きなヒントが隠されていて
 
 
 
隠されている
ヒントを見つけるには
何よりも!経験しなければ
わからないってことです
 
 
 
たくさん
恋愛をしなさいね
 
真顔キラキラ
 
 
30年ぶりに
昭和の社長さんに言われていた
言葉を聞かされて
 
 
 
まだまだ人間関係の
機微(きび)の学びが
必要なのねぇと反省したのでした
 
 
 
まあ、ね
古希や喜寿、傘寿、
米寿の方々してみれば
 
 
 
古都なんて
まだまだハナタレ娘
お勉強が足りませんね
 
 
 
 
 
 
あっ!
今日の開運の極意ですが
 
 
 
もちろん
運の良い人とつきあう!
 
 
 
そしてもうひとつ
運の良い場所に行く!
 
 
 
運の良い人が
連れて行ってくれる場所は
もちろん運の良い場所と
決まっています
 
 
 
そこには、やっぱり
運の良い人たちしか集まりません
 
 
 
では、どうしたら
運の良い人とつきあえるのか?
出逢えるのか?ですが
 
 
 
方法はいろいろありますが…
 
 
 
アナタが
ステキにオシャレをして
お出かけしてみること
 
 
 
そして、ちょっと
勇気を出して
ごあいさつしてみてくださいね
 
 
 
【まとめ】
恋愛をするなかで
人間の機微を知ることができる
たくさん恋愛をして
相手のことを想ってみること
自分を伝えてみること
 
 
 
恋愛も仕事も
物事の真理は変わりません
 
 
 
image
▲甥っ子は
 
 
 
 
 

算命学がはじめての方へ

■サクッとブログ鑑定(条件付き無料)
ブログ鑑定のご依頼方法はこちらから
■アナタの干支と天中殺は?
アナタの干支はこちらから
■今日の運命は!Twitter から配信中
Twitter フォロワー登録お待ちしています

 

 

算命学鑑定 古都

■気軽にお問い合わせください
鑑定メニューはこちらから
■算命学鑑定 古都
ホームページはこちらから

 

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/kotonosanmeigaku/entry-12508510080.html