これからの時代に備え、地に足を付ける牡牛座の月


月は牡牛座に
天王星コンジャンクション
土星トライン
物質的なものを安定させること、手に入れる、整える、
現実に向かうことをおすすめします。
今日の夜まで
獅子座の太陽のサビアンシンボルは「人魚」という度数です。

人魚は半分人間→乙女座の具体性
半分魚→獅子座の主観的なところ
火のサインの創造を形にしていきます!

 

昨日、今日、良いタイミングがあったので、
年末までのスケジュールもだ~~~~っと
手続きしました。

中には、開業届け出されたり
大事なことをされた方もいらっしゃいます。
これはもちろん、星の恩恵ですね。

先ほどもメールいただき
「全てが上手く行き、
時計を見たら、ピッタリ、その時間。
みんなで予祝し、
鳥肌がたちました!」

「メールをしたら、すぐ良い返事が返ってきた」
「募集したらすぐ問い合わせがあった」
と言うことで嬉しいです。
もちろん、私も、その為に良い日を選び、講座をするので、
会場予約したり、様々な行動に使います。

東京はオリンピックの影響がありますね。
会議室、今までずっと使っていたところが
閉鎖になるのです!
ビックリしました。危機管理大事!!
でも、これを機に新しいところを開拓です。

火星が乙女座に入ったら、俄然、事務仕事ははかどります。
ぜひ、実務をこなしましょう。
今日は地のサイン優勢です。

ところで、昨日、2020/12のグレートコンジャンクションが風のサインで起きる話しをしましたね。
これはビジネスの転換期、というか、社会の転換期になるでしょう。

ここから本格的な風の情報化時代に入って行きます。
2020/12/22 水瓶座

2040/10/31 天秤座

2060/4/8 双子座

2080/3/15 水瓶座

2100/9/19 天秤座・・・・

ずっと風のグレートコンジャンクションは続いていくのです・・・!!

 

では、今までどのくらい地のサインが続いていたかと言えば・・・
1800年代から行きましょう。
200年以上前ですからね

1802年 乙女座
1821年 ここだけ牡羊座で火のサイン
1842年 山羊座
1861年 乙女座

1881年 牡牛座

1901年 山羊座

1921年 乙女座

1940年 牡牛座
1961年 山羊座

1981年 ここだけ天秤座で風サイン
2000年 牡牛座

1800年代から2つだけ例外はありますが、
ずっと地のサインで、
世の中は、物質的な豊かさや
安定、きちんと整える生活、を求めてきたのです。

それが来年からずっと・・・風の時代ですよ。
特に2020の水瓶座は個人の個性を使うこと
今までの社会の価値観は変わって行きます。
新しい時代、情報化、横つながり、普遍的な
理想を求める社会になって行きます。

ネットやSNS,機械、AIが今まで以上に
生活に入ってくるでしょう。
お金が電子マネーへ
衣食住にさまざまな新しさが入ってきます。
また配信サービス中心なそれぞれの得意分野を仕事にすると良いです。
会社に勤めながら、余裕がある時間で自分の好きなことをする。

これは冥王星が水瓶座に入ればもっと加速しますから、
最初は慣れなくても、取り組んだ方が良いです。
いずれは大きな力と個人の力の共生になるでしょう。

個人の発信が無視できないですね。
行き詰っているところにさまざまな可能性を与え、
風穴を開けて行くでしょう。

生活が安定していれば、どこかあなたの力を買ってくれそうな
ところ、コミュニティに所属すると、
その能力が生きる時代が来ます。

どんなコミュニティとつながるか、です。
村、町、ではなく、
もっと幅広く同じ理想を持つ仲間と
ぜひ、つながりましょう。

その為には、年末までの木星射手座を大事にしつつ
チャンスを作って行きましょう。
8/30の乙女座新月から始める対策ですね。

9月は大事な月になりそうです。

お百度も22日目!!
頑張っていますか~~~???
続いてる!???
仕事にするには、コツコツに慣れること。

オンラインサロンでは、
火・木・金・土の
動画配信はみんなの参加型!!
1人じゃない!を実感できますよ~!!

インスタもフェイスブックも仕組みは同じなので、
皆さん、参加しながら、どんどん仕組みになれて、
ご自分でも配信されています。
とにかく、「好き」「得意」を配信していくことです!!

 

 

https://lounge.dmm.com/detail/683/

 

ご入会の手続きは
FBアカウントがあればすぐに入会できます。
入会方法はこちら⇓

 

 

 

おすすめのスレッド、カテゴリ分けしています。途中入会でも
すぐノートに取り掛かれるように動画もご用意しています。

 

 

今日も良い1日を!

 

 

蝶々鑑定・スクール・セミナーのお申込みはこちら申込みフォーム
(Hotmailは未着が多いので、他のアドレスをご利用ください)
蝶々鑑定について詳しくはこちら→鑑定のご案内

蝶々オンラインサロンはこちら→願いを叶える月と星

蝶々インスタグラムもやっています→朝陽ゆき

 

 

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/amnosstar5/entry-12510181366.html