御神火祭の霧島へ

高千穂の峰々は、宇宙の友人が最初に降り立った場所の1つとして、認識されていらっしゃる方も多いのでは?

天孫降臨の地・高千穂は霧島。

今回その山の頂上に立ち、霧島の御神火祭に参加させていただくことになりそうです(^。^)
『けいそのちから』でご縁を頂いた南日本ウェルネス社長の唐津澄子さんのガイドで、霧島神社⛩の宮司さんと共にゆっくりと山頂まで登り、そこで御神火祭の護摩の炎に触れてから、麓で行うお祭に参加する、少人数の旅。
11月9日〜11日は、『けいそのちから』が生まれた水の故郷・ウォーターワールド霧島倶楽部へ❣️
『けいそのちから』の水は、霧島神社の御聖水なんです❣️今回は、その水が涌き出でる神社の御神火祭にタイミングを合わせて、霧島倶楽部に泊めさせていただき、唐津所長にけいその話を伺い、澄子社長に、とっておきのミステリース ポットを案内していただく、という贅沢なツアーとなります(^。^)
初日は鹿児島空港に2時に集合し、唐津社長にお迎えに来て頂きます。
霧島倶楽部に着いたら、先ずは唐津所長による『けいその話』で目からウロコの不思議体験をしていただきます(^。^)

所長の話は、多岐に渡っていて、松果体や水晶〜けいその繋がりをマイナスのイオン電子、4つの触手を持つけいその働きとして、わかりやすく解説してくださいます。

松果体は、けいその塊なんです(^。^)

猫ちゃんの腫瘍も、けいそのちからで、はい、この通り❣️

4つの手は、カタカムナのマルに十字の形と同じ⁉️

言霊との関わりを科学的に説明してくださいます(^。^)

ガスバーナーを使った、けいそのプロテクトの力を感じる体験も❣️

ケイ素が不純物を吸着して、一瞬にして水を浄化する実験も❣️

唐津所長は、自らを実験台として、1日にして傷ついた皮膚が再生していく様子を示してくれます(^。^)

火山活動は、地球が生きている証拠。

地球外の生命体の関与についてもお話してくれました。

鉱物の気の働きが、神の働きに繋がっている❣️

レーザーを照射して、チンダル現象を目の前で見せてくださいます。

ナノコロイド化しているけいその証拠です。

1年以上放置したクリップ📎も、水溶性ケイ素水の中では一切変化しないのです(^。^)

酸化しない〜腐らないということです。

霧島神社の御聖水の恵みに預かっている幸せを、直接伺って御礼したいと思います(^。^)

以前お邪魔した時には、霧島倶楽部内にある巨大な水晶のパワーをかっちゃんが手に触れて感じていました。

君が代の歌詞の中にも出てくる『さざれ石』
霧島神社⛩にも展示されています。
日本人としてのルーツを感じる、霧島御神火祭ツアー、近いうちに募集を開始します。
ご縁のある方々とのミラクルな旅のひと時を、楽しみにしています(^。^)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/setsuko2525/entry-12511565073.html