第26回やる気と感動の祭典EX発表者発表「青果部門」

まずは「青果部門」
発表者企業は…
有限会社アルファーさん

そして…
商人伝道師 水元 仁志

「第26回やる気と感動の祭典EX」の青果部門の発表のタイトルは…
「ニーズの変化をとらえ、再度集客部門としての青果を復活せよ!」

です。

今、青果部門は大不況に陥っている。
いわゆる「奈落の底」に落ちてしまっているといっても過言ではない。
「相場安なのに買い上げ点数が伸びない!」
「相場高なのに売上髙が落ちる!」

過去に経験したことのないような事態に陥っている。

完全に“自信を失っている”。
そんな中、発表者選出に苦慮した。

そこで選出したのが…
「特別栽培野菜」を中心に青果物の仲卸しを行っている
「有限会社アルファー」
なぜ、「仲卸し」企業。
それは、「仲卸し」で選出したんではない。
日本中の青果物にたずさわっている人の中で一番勉強している企業だから選出した。

まずは、エントリーのパワーポイントを紹介しよう。

f0070004_17095065.jpg

f0070004_13370163.jpg

f0070004_13372697.jpg

f0070004_13374375.jpg

f0070004_13380106.jpg

f0070004_13382557.jpg

f0070004_13384483.jpg

「消費不況」を…
「賢消費」「本質的価値と価格」「消費の多様性」という面から分析している。
こんな青果担当者は、日本にはいない。

ここでは紹介しないが…
「その中で、どのようにしたら集客できるのか…」を提案している。
この提言は必聴の価値あり。
ここまで「論理的」に集客するにはどうすればいいかを考えている企業や人はいない。
それを「第26回やる気と感動の祭典EX」に参加される…
全ての青果担当者と経営者に伝えたい。

さらに「青果売場の収益変化と対策」も提案しています。
f0070004_17061259.jpg

f0070004_17064298.jpg

f0070004_17070201.jpg

f0070004_17072254.jpg

f0070004_17073873.jpg

これぐらいにしておきましよう。
詳しくは「第26回やる気と感動の祭典EX」の当日。

「自信を失くした青果担当者」に“一筋の光明”を与えてくれる発表になること間違いなし。
これは商人伝道師が“太鼓判”を押す。

さらに、商人伝道師自ら発表する!!
という、異例の事態に…。

実は、商人伝道師の著書は5冊と言っているが…
その前に、秘かにこんな本を出版している。
f0070004_16400327.jpg

「戦略コンサルタント」とともに「青果コンサルタント」もやっていた、、、。

“カテゴリーキラー全盛期”の時、破竹の勢いでのびていた
“日本一の青果のカテゴリーキラー企業”「九州屋」のコンサルティングしていた時代がある。

「軽小短高」戦略「大甘軟香汁」戦略を考えたのもその時期。

その商人伝道師自ら「これからの集客部門としての青果の役割!!」について
発表する。

もう二度とないと思うが…
とんでもない「青果部門」発表になる。

「アルファー」さんは、とにかくここ4~5年。
商人伝道師に“くらいついて”学んでいる。
全てのセミナーに参加している!!といっても過言ではない。

「学ぶことはすごいこと!!」
それをアルファーを見て感じる。
「本物の成長」をしている。

いわゆる「企業力」を一つ一つ積み上げている。
そんな“日本一学んでいる!”青果物仲卸し企業の発表と、
めったに聞けない「青果コンサルタント」としての商人伝道師の発表…。

とんでもない発表になること間違いなし。

“自信を失くしている”青果バイヤーや担当者よ!
みんな集まれ!自信を取り戻すヒントとチャンスが
「第26回やる気と感動の祭典EX」にはあるぞ!!
こう、御期待!!

・鮮魚&寿司部門 へ



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://akindonet.exblog.jp/30770568