思考は現実化する!?〜負はプラスになる〜

 

「思考は現実化する」。

 

まさにそれを実感した10年半。

 

 

良いも悪いも、現実の事として引き寄せているのは自分。

 

 

とは言え、

 

仮に悪い結果があったとしても、自責過ぎると病むし、他責過ぎると成長もない。

 

 

完璧な人間も企業もない。

 

だからこそ日々問いを立て続け、改善し続けることが重要なのだと学んだ。

 

 

自分の改めるべき点はどこか?

 

同じ過ちが起きないようにするためにはどう改善すれば良いか?

 

 

何が正解かもわからないし、「これが正しい!」と思った時点で成長も止まる。

 

 

しかしこれだけは言える。

 

 

人には良心がある。

 

良心から出たホンモノの思いは他者にも響く。

 

 

綺麗事ではなく、それが誠であれば必ず響くし仲間が集まる。

 

他人事ではなく自分事になる。

それが公共だと思う。

 

 

 

何か悪いことがあった時、

 

誰かを責めたり、自分を責めるよりも、

それをキッカケに自分をひと回りもふた回りも成長させてくれた。

組織が成長するために脱皮し、次なるステージへの準備が出来た。

 

そう受け取ると、全て有り難いコトだと思える。

 

無駄な時間なんて何一つない。

 

 

すぐにそう思うのは無理でも、時間が経てば本当にそう思える時が来ることも学んだ。

 

そう思えるのも良心のはたらきであり余裕でもある。

良心は、誰しもの中にあるもので、自分たちを成長させてくれる上に、気持ちの良い社会をつくるための重要な心。

 

 

それらを自社内だけでなく、企業活動を通じて関わる人たちとともに育めるような人が集まる企業にしたい。

 

 

自分が信じた道が正しいか、常に問い続けながら進む。

 

表面上はブレても、根底はブレない。

 

 

企業は、個人各々が持つ特有の個を生かすプラットフォーム。

 

公共幸福社会をつくる重要な役割を担っている共同体。

 

 

様々な個を受入れ、様々な個を引き出し、各々が相互扶助で生き生きと輝く公共幸福社会をつくるパイオニアになる!

 

それが株式会社アースライトのミッション。

 

必ずやります。

 

 

まずは3年以内に保育園(3〜5歳児対象)をもう1園。

 

 

思考は現実化する。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/fk-kobayashi/entry-12519785717.html