幸せな成功を求めよう

月は射手座に
昨日は、上弦の月と木星がきれいに並んでいましたね。

19:36に山羊座に入ります。

射手座の月のアスペクトは、
金星とのスクエアが最後。
キチンとしていたいけど、ちょっと冒険もしてみたい。
「安定と挑戦」そのもの。
ちょっとカオスが続きますが、月が山羊に入る、夜には
落ち着きます。

今日は、月以外の大きな惑星のアスペクトがあります。
太陽と土星のトライン
コツコツと行動してきたことがあれば、その結果が報われるときがくるでしょう。
金星と冥王星もトライン
相手に有能さが認められるチャンスでもあります。

水星は海王星とオポジション
ちょっと予定通りにいかないときかも、交通機関や
言葉のやり取りで微妙なところが出そう。

昨日は、たくさんのアストロノート・お百度で
自分の夢に向かっている方をご紹介しました。
「見たこともないアクセス数で驚きました!」
「じわじわとアクセス数が増えています」
「シェアしてもらったとたんに引き寄せました!」
「小躍りしちゃいそう、うれしかった」

とたくさんのご感想いただきました。

なぜブログ?なぜ発信?
それは、手軽に、気軽に自分の思っていることを
多数の人に伝えられるツールだからです。
自分の好きを出すので、苦になりません。

「どんな人生を送りたいか」をよくよく考えずに
新月や満月のたびに
「その星座のキーワード」で
お金、結婚、仕事の成功、と書いていませんか?

本当に自分が望むことは何か。
幸せな成功を求めていきましょう。
常に緊張している、
リラックスできない、自分らしく生きられない・・・

自分を知ることに占星術を使いましょう!
自分らしくって何?=月星座と考える。
リラックス、心が安心できる方法がわかります。
他の人の成功法則と自分は違う、とわかるようになります。

月の根底の部分が満たされていないと

上に上に重ねていけないのです。
階段を上るように上を目指したほうが当然早い。
それはマズローの5段階欲求と、とても似ています。

社会的成功とリラックスできる幸せの両方を
手に入れる。
これは太陽と月、両方を満たすことです。
 

 

自分にとって幸せの根源って何だろう?
それは心が安定していることだと気づくこと。
食べるものがあって
寝る場所があって
生活が落ち着いていて、だれかがわかってくれて
人間は安心安定します。
それプラス「月星座」なのです。

月 牡羊座の人なら時々1人になるとか
月 牡牛座の人なら、自分の好みに合うものを食べるとかですね。

12サイン分知っていると、対処法がわかります。

そしてブログを書く発信は水星です。
「まずやってみる」ことがさっとできる人が強いわけです。
できるか、できないか、よりやるか、やらないか。
自分の好きなものなら毎日でも発信できるはず。
月と水星を使ってブログを書くわけです。

いったん身につくと、月(体)は自動的に繰り返しますので、
ブログを書くのは、ごはんを食べるのと変わらなくなります。
「周りでいろんな出来事あっても
ブログを書くのが早くなりました!」
という方がいらっしゃいましたが、その通りです。
続けた分だけ更新も早くなるし、形も整います。
自己発信はまず、自分の好きを出す第一段階。

みんな、だんだん発信が怖くなくなってきました(笑)!!
慣れ!なのです。
これがこれからの世の中にとても役立つのです。

2020年3月~7月まで
土星はいよいよ水瓶座に入ります。
働き方改革で
仕事は変化してきます。
「何かしたいな」と思ったときに自分の考えを
周りにすぐ伝える
素早く行動できる人になっているのです。

 

自分の好き、自分の伝えたい発信、
できたら、いろんな人に見てもらいたいですよね。

結果は自然についてくる。
ちょうど昨日、サロンでノートお百度
1年の方がいらっしゃいましたが、

チャンスの神様の時間を使って、
資格取得もされました!

 

もちろん、チャンスの神様は力は貸してくれますが、
自分がやらないと何も始まりません。
千里の道も一歩からです。
「成功」と「幸せ」の両方を手に入れることを目指しましょう!

 

 

ご入会の手続きは
FBアカウントがあればすぐに入会できます。
入会方法はこちら⇓

 

 

 

 

おすすめのスレッド、カテゴリ分けしています。途中入会でも
すぐノートに取り掛かれるように動画もご用意しています。

 

 

今日も良い1日でありますように!!
口角上げて行きましょう!!

 

蝶々鑑定・スクール・セミナーのお申込みはこちら申込みフォーム
(Hotmailは未着が多いので、他のアドレスをご利用ください)
蝶々鑑定について詳しくはこちら→鑑定のご案内

蝶々オンラインサロンはこちら→願いを叶える月と星

蝶々インスタグラムもやっています→朝陽ゆき

 

 

 

 

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://ameblo.jp/amnosstar5/entry-12521806654.html